90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

【21年前の今日】オウム真理教によって地下鉄サリン事件は起きた、未曾有のテロ事件だった――

2016年3月20日 07時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

21年前の今日、地下鉄サリン事件は起きた

[拡大写真]

21年前の今日、1995年3月20日、日本の首都東京で未曾有のテロ事件が発生した。日本の安全神話を大きく揺るがすこととなった宗教団体「オウム真理教」による「地下鉄サリン事件」だ。もう21年が経ったとは思えない、記憶に残るセンセーショナルな事件だった。

当時、教祖である麻原彰晃の奇行や一般には受け入れがたい教義や修行方法などが連日のように報道され、ニュースやワイドショーに釘付けになっていた人も多いのではないだろうか。この事件を改めて振り返ってみよう。

オウム真理教とは?


教祖である麻原彰晃によって、1987年に誕生した宗教団体「オウム真理教」。麻原は自らを解脱して超能力を身につけた霊的指導者と称し、若者を中心に信者を増やす。海外へも積極的に進出し、国内外で著名人と対談をするなどして布教活動の裾野を広げていった。

原始仏教をもとにした教義を掲げ一見すると普通の宗教団体のようであったが、教義を果たすためなら手段を選ばない暴力性や団体内部の異常性が明らかになり、社会問題化していく。

日本中を震撼させた地下鉄サリン事件


1988年、オウム真理教の在家信者が不可解な死を遂げたのを皮切りに、1989年には当時オウム真理教と敵対していた坂本弁護士とその一家が殺害された事件や、7人の死者を出した1994年の松本サリン事件は、いずれもオウム真理教の犯行であったことがのちの自供で明らかになっている。

そして1995年。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)