90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

まさかのFA宣言! 駒田徳広「長嶋巨人を自ら去った男」【プロ野球世紀末ブルース】

ライター情報:死亡遊戯

駒田の本拠地は東京ドームから横浜へ…

[拡大写真]

するとミスターは「日本シリーズというビッグイベント前にそういう話はするな。新聞記者にお前と一緒の写真を撮られたら大変だ」と困惑しながら離れて行ったという。

横浜ベイスターズに移籍した駒田


そして、男は巨人から出ることを決意する。同時期にFAで揺れていた槙原寛己の自宅には、ミスターが17本のバラを持参して残留要請と話題になったが、駒田の元には何もない。結局、藤田巨人でヘッドコーチを務めていた近藤昭仁が監督を務める横浜ベイスターズへFA移籍。
この時、横浜では高木豊、屋鋪要、市川和正ら6名のベテラン選手が大量解雇され「駒田獲得資金か?」と物議を醸した。先日の華やかな三浦大輔(DeNA)の引退会見からは想像もできないベテランリストラ劇だが、チームも選手もまだ始まったばかりのFA制度に不慣れだったのだろう。

移籍後の駒田、2000安打達成も……


94年の移籍当初は「都落ち」と思ったという駒田だが、時に横浜スタジアムで野次を飛ばすファンとケンカをしながらも、持ち前の熱さで若返ったチームを牽引。横浜時代は毎年150本前後のヒットをコンスタントに記録し、98年にはマシンガン打線の一員として38年ぶりの優勝に貢献した。
2000年にはついに2000安打を達成……と思いきや、残り30本に迫ったところで代打を出されたことに怒り狂い、「2軍でも何でもいいや!」と首脳陣批判をかまして試合中に帰宅。この職場放棄には罰金と2軍降格を命じられ、9月6日に2000安打に到達するも、その年限りで退団。

ライター情報: 死亡遊戯

79年生まれ。デザイナー兼ライター。プロ野球、プロレス、サッカー、映画、おネエちゃん、昭和に平成。なんでも書くストロングスタイルを標榜。現役巨人ファン。

URL:Twitter:@shibouyuugi

2016年9月21日 16時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品