90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

篠原ともえが語る"シノラー時代"「キャラは作っていなかった」

シノラー時代の篠原ともえ

[拡大写真]

最近、バラエティ番組などに多数出演している篠原ともえ。現在では大人びた印象を受けるが、やはりシノラー時代が印象深い。そんなシノラー時代について、かつて当媒体で実施したインタビューで篠原本人が語ってくれていた。

シノラーのファッションに深い理由が!


シノラーといえば、なんと言ってもその派手なファッション。自身で考えていたというそのファッションは、視聴者に"見てほしい"という欲から生まれたという。そのため、顔を見てほしいと思うときはシールを貼り、手を見てほしいときには腕輪をしたのだ。
また、ランドセルを身につけていたこともあったが、その理由をこう語る。
「突撃インタビューで後ろから撮られることが多かったので、背中を可愛くするためにしたんです。空間のスキマをアイディアで埋めていく感じでしたね」

シノラー時代のキャラは「作っていなかった」


また、シノラー時代の篠原は、ファッションとともに、独特の「ぐふぐふ~」など発言するキャラでもお馴染みだった。これもファッションと同じく、"スキマ"を埋めるためのものだったそう。
「よく言われるんですが、あのシノラーのキャラは作っていませんでした。元々照れ屋で恥ずかしかったから、言葉でもスキマを埋めてく感じだったんです」

「宝物の集まり」シノラー時代を振り返って


シノラーブーム以降、デザイナー方面の仕事を行ったり、落ち着いた仕事も多くこなしている篠原。そのせいか、ネットなどでは「シノラー時代は黒歴史では」と書かれたりもするが、本人はそんなことはないようだ。

関連キーワード

2016年9月27日 18時21分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品