90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

約180万人の署名も話題に! 『ウリナリ!!』で誕生したポケットビスケッツ

2017年2月18日 00時05分

ライター情報:空町餡子

※写真はイメージです

[拡大写真]

現在もバラエティ番組を中心に活躍し、ママタレントとしてもさまざまな活動を展開している千秋。45歳になった今もポップなファッションセンスと歯に衣着せぬ物言いは健在だが、90年代にはヒットソングを歌う歌手としてもブレイクしたのを覚えているだろうか。

千秋がボーカル・作詞をつとめた「ポケットビスケッツ」は、1995年に日本テレビ系の当時の看板番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』で誕生した音楽ユニットで、メンバーは千秋(CHIAKI)のほかにウッチャンナンチャンの内村光良TERU)とキャイ~ンウド鈴木(UDO)。
活動期間は1995年〜2000年。まさに世紀末を駆け抜けたユニットといえるかもしれない。

偶然だった!? 『ウリナリ!!』で生まれたポケットビスケッツ


ポケットビスケッツの活動は、1995年10月、同番組内で「スーパースター誕生」という企画に始まる。
この企画によって生まれた女性3人組ユニット「McKee」と、千秋たち「ポケットビスケッツ」は、1996年4月、同時にCDデビューしてオリコン週間チャートで争うこととなるが、McKeeのデビュー曲『Can’t Stop My Heart』が28位だったのに対し、ポケットビスケッツの『Rapturous Blue』は25位。ポケットビスケッツはその後も10週連続で100位以内に留まり、累計50万枚以上を売り上げることとなる。

当初はMcKeeの添え物扱いだったポケットビスケッツだが、その後はMcKeeのほうが自然消滅。

ライター情報: 空町餡子

フリーライター。恋愛・カルチャー・食べものなどジャンルを問わず執筆。スイーツとモー娘。が好きなアラサー女子。1児の母。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品