90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

国民栄誉賞も受賞! 「放浪記」2000回を達成した森光子の功績

2017年5月6日 22時00分

ライター情報:せんじゅかける

※写真はイメージです

[拡大写真]

大橋巨泉永六輔根津甚八……ここ2~3年の間に、昭和から平成にかけて活躍した俳優やタレントなどの死があいついだ。2012年、92歳で天寿を全うした故・森光子も昭和から平成にかけて活躍した一人。

生前はスクワットを1日150回こなすなど健康づくりや体力維持を心がけ、林芙美子の生涯を描いた『放浪記』での主演は、2009年5月9日、89歳の誕生日に2000回を達成している。

国民栄誉賞受賞を受賞した森光子


2009年5月9日、森の誕生日に、自身が長らく主演をつとめた『放浪記』が上演2,000回を迎えた。国民栄誉賞を授与する方針が河村建夫内閣官房長官(当時)から表明されたのは、その2日後の11日のこと。5月29日には正式決定がなされ、7月1日には授与された。

なお、俳優が現役で、かつ存命中に授与されるのは初めてのことだった。

森は正式発表を受けた後、「引退なんかいたしません。表現力の豊かな女優になって、もっといい芝居を作って、ごらん頂きたい」と現役女優としての活動を精力的に続けていく決意を表明している。

文化勲章とのダブル受賞は黒澤明監督以来の二人目


『放浪記は1961年の初演から、まったく代役なしで主人公・林芙美子を演じ続けてきた、いわば森の看板作品だ。89歳の誕生日である5月9日に上演回数2,000回を達成したのに続き、千秋楽には、単独主演上演回数の国内記録も2,017回に更新した。

森はさらに、2005年には文化勲章を授与された。

関連キーワード

ライター情報: せんじゅかける

下町は千住に住む昭和生まれのおばさんライター。もつ焼きとハイボールをこよなく愛す。好きな番組はマツコの知らない世界。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品