90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

3

イチローが語った差別経験……あの伝説的プレーは差別から生まれた!

2017年5月9日 00時18分
先日、イチローが地元紙マイアミ・ヘラルドにて、自身が受けた差別体験を告白。日本でもこの話題は翻訳され、大きな反響を呼んだ。

イチローが語った差別経験


記事内でイチローは、「過去に僕も差別を受けた。自分に向かって氷やコインを投げられ、実際に何度か頭に当たったこともある」と振り返っている。
※画像はTwitter(@Marlins)より

しかし、このように球場で受けた差別が、あの伝説的なプレーを生むきっかけになったのをご存じだろうか。

ファンからの差別行為……そしてあの伝説的プレーが生まれた


舞台はイチローがメジャーデビューしたばかりの2001年4月11日、敵地で迎えたアスレチックス戦。

当時、イチローが所属していたマリナーズとアスレチックスは、激しく優勝を争っていたライバル関係。このような背景もあってか、メジャー球団の中でも特に荒っぽいことで知られるアスレチックスファンは、メジャーデビューしたばかりのイチローを標的にし、激しい"攻撃"を始めた。

この試合、8回表に代打で出場後、守備についたイチローに対して、ライト側の敵地ファンは激しい罵声を浴びせた。さらには罵声だけにとどまらず、紙コップやボトルキャップ、コインをイチローに向かって投げ始めたという。

そして、あるファンが投げた一枚の25セント硬貨がイチローの後頭部を直撃したのだ。痛さとともにイチローは激しい怒りを覚えたことだろう。

そんな状況下で迎えた1死1塁。
打球はイチローが守るライト前へゴロが飛んだ。

関連キーワード

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    か っ こ い い い !

    8
  • 匿名さん 通報

    差別なんて日本より海外の方が露骨でひでぇ~じゃん。

    6
  • 匿名さん 通報

    海外がひどいから日本で差別が許されるわけでもあるまいに。スピード違反の論理を振りかざす低能日本人も最近増えたな。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品