90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

伝説のAKD砲! 西武黄金時代の秋山・清原・デストラーデの凄さとは?【プロ野球世紀末ブルース】

2017年5月17日 23時00分

ライター情報:死亡遊戯

※写真はイメージです

[拡大写真]

気が付けば、あれから30年。

本日17日から開始の池袋PARCOの『ファミスタ』30周年リミテッドストアへ行って来た。
伝説の野球ゲーム『ファミリースタジアム』のプロ野球コラボグッズが今シーズンも販売スタート。12球団の人気選手をモチーフとしたTシャツ・トートバッグ・缶バッジ、さらにはミュージシャンの電気グルーヴとのコラボTシャツまで。

当然、大人買いをかましたわけだが、会場にはこれら多くのグッズとともに歴代のゲームソフトも展示。さらに懐かしのファミコン本体と『ファミスタ'93』が置かれ、実際に遊ぶこともできる。で、久々に93年版をプレーしてみて思ったわけだ。

「西武、超強ぇー」と。

ソフトの発売日は92年12月22日。つまり西武が日本シリーズ3連覇を達成したシーズンオフに出たファミスタである。

黄金時代後期、86年に「新人類」と呼ばれたピチピチの若手選手たちがそれぞれ経験を積み、まさにチームとして円熟期を迎えていた90年代前半。この頃の、西武の代名詞と言えば秋山幸二清原和博オレステス・デストラーデが並んだ超強力クリーンナップだろう。

当時、西武の地元埼玉では放課後に友だちと『ファミスタ』対戦をすると、みんな規格外の“AKD砲”を使いたくて、試合前にうまい棒を投げ合う何だかよく分からないバトルが勃発したものだ。

このAKD砲はどのくらい凄かったのだろうか? 西武がぶっちぎりの強さで3年連続日本一を勝ち取った90~92年シーズンの3人の成績を振り返ってみよう。

ライター情報: 死亡遊戯

79年生まれ。デザイナー兼ライター。プロ野球、プロレス、サッカー、映画、おネエちゃん、昭和に平成。なんでも書くストロングスタイルを標榜。現役巨人ファン。

URL:Twitter:@shibouyuugi

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    キャプテン 石毛、投手陣 工藤、渡辺、監督 森 への言及を忘れてはいけません。

    4
  • 匿名さん 通報

    ファミスタ93あたりなら、西武もそうだがヤクルトがバリバリの全盛期あたりだった気が。西武はクリーンナップに打線が偏りすぎだったがヤクルトは打線に穴がなかったべ?

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品