90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

13

心霊写真だけじゃない……TBSの「捏造疑惑」は過去にもあった

2017年7月26日 22時28分

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

また、不二家がTBSからの取材に対し「再使用はありえない」と断言していたはずが、放送では「確認が取れていない」というコメントにすり替えられていたことも明らかになります。

こうした事実が明るみになると、TBSは、3月28日に緊急会見を実施。正確性を欠いた報道であったことは認めたものの、捏造については否定。
それ以降も、不二家が社外に設置した信頼回復対策会議の議長で弁護士の郷原信郎氏が度々、訂正と謝罪を求めたものの、同局は沈黙を貫き通したのでした。

2003年に起きた「石原発言捏造テロップ事件」


もう一つの事件は、2003年11月2日に放送された『サンデーモーニング』で起こりました。
この日の放送では、同年10月28日に開かれた「救う会東京」の集会で、石原慎太郎東京都知事(当時)が行った基調講演の模様を紹介。

そこでは本来、「私は日韓併合を100%正当化するつもりはないが…」と発言していたのですが、放送では「私は日韓併合を100%正当化するつもりだ」と、まるで正反対のテロップを表示したのです。

この発言に合わせてスタジオでは「都知事が問題発言をしたようです」と批判されたわけだから、石原陣営としては堪ったものではありません。

翌週の『サンデーモーニング』では、「テロップミス」があったと謝罪。あくまで誤りであり、故意ではないと主張したものの、石原氏の怒りは収まらず。のちに刑事告訴と民事訴訟に踏み切りました。(刑事告訴によってプロデューサー4名が書類送検に。民事訴訟は2006年に和解成立)。

以上のように、過去にも捏造疑惑が持ち上がっていたTBS。今後はよりいっそう、疑惑が生まれないような番組作りが求められるでしょう。
(こじへい)

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

コメント 13

  • 匿名さん 通報

    ひどすぎる。放送局である資格がない。

    28
  • 匿名 通報

    毎日・朝日はマズゴミでアホ‼

    23
  • 因幡の白うなぎ 通報

    1回、電波とめてやれ、高市の姉貴!

    21
  • 匿名さん 通報

    ザ!TBS

    7
  • 匿名さん 通報

    んーTBSの調査ではまだ合成と出ていないな。TBSの欺瞞か、ネットのデマ拡散に過ぎないのか。これは慎重に考える。ネット情報はフェイク前提に疑わないとね

    7
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品