90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

フリオ・フランコ「選手時代から若手を教育、ロッテの主将を務めた元メジャーリーガー」

2017年8月16日 15時15分

ライター情報:死亡遊戯

※写真はイメージです

[拡大写真]

ロッテ伊東勤監督が今季限りでの辞任を表明した。
16日現在、チームは33勝68敗1分けでパ・リーグ最下位に低迷。昨季までの4年間で3度のAクラス入りを果たした殿堂入り監督でも、たった1年の不振でユニフォームを脱ぐ。やはりプロ野球は厳しい世界だ。

ロッテで活躍したフリオ・フランコ


さっそくスポーツ各紙で複数の後任候補の名前が挙がっていたが、その内の1人が90年代にロッテで活躍したフリオ・フランコである。

1度目の来日は95年。前年の94年はシカゴ・ホワイトソックスに所属し、8月にストライキでペナント中断するまで打率.319、20本、98点と堂々たる成績。過去に首位打者経験もある現役バリバリのメジャーリーガーが、出口の見えないストの影響もあり、バレンタイン監督が就任したロッテへ入団する。

当時のメジャーリーガー平均年俸は約1億円。現在の約4億8000万円と比較するとそこまで日米格差もなかったため、ジャパンマネーと働き場所を求めたシェーン・マック(ツインズ→巨人)や89年ナ・リーグMVPのケビン・ミッチェル(レッズ→ダイエー)ら大物メジャーリーガーたちが続々と来日したわけだ。

元々、フランコは90年日米野球で当時西武の秋山幸二清原和博のプレーを目の当たりにし、「いつかアキヤマやキヨハラとプレーしたい」と思ったという。さすがAK砲。黄金時代の西武の主軸はメジャーリーガーをも驚かせてみせた。

このフランコと来日時マイナー経験のないエリートスラッガーと称されたピート・インカビリアは、広岡達朗GMとバレンタイン監督率いる新生ロッテの目玉として注目されることになる。

ライター情報: 死亡遊戯

79年生まれ。デザイナー兼ライター。プロ野球、プロレス、サッカー、映画、おネエちゃん、昭和に平成。なんでも書くストロングスタイルを標榜。現役巨人ファン。

URL:Twitter:@shibouyuugi

コメント 1

  • 名無し 通報

    清原さん 更正頑張って下さい

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品