90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

5

甲本ヒロトから忌野清志郎へ……心に響く有名人の弔辞Part2

2017年10月10日 11時00分

ライター情報:こじへい

忌野清志郎(※写真はイメージです)

[拡大写真]

ミュージシャンの方が亡くなられると、テレビのニュースでは、故人の業績をたたえる映像と共に代表曲が頻繁に流れます。
ネットでも、関連情報がニュースサイトで大きく取り扱われ、動画サイトの関連動画の再生回数が伸びることだってあるでしょう。

近年もっともすさまじかった例が、マイケル・ジャクソンの急死による影響。その死が全世界で大きく報道されたため、結果的にアルバムが驚異的な売上を記録し、ドキュメンタリー映画『THIS IS IT』へ多くの人が詰めかけたのは記憶に新しいところです。

2009年に亡くなった忌野清志郎


2009年、忌野清志郎が亡くなった時も、連日のようにテレビのニュース・ワイドショーでその死を悼んでいました。
その際、頻繁にBGMとして流された『雨上がりの夜空に』は、リアルタイム世代じゃなくてもなんとなく口ずさめるほどにヘビロテされたものです。

この『雨上がり~』と同じくらい流されていたのが、元THE BLUE HEARTSで現ザ・クロマニヨンズのボーカル・甲本ヒロトの弔辞の映像。黒い革ジャンを身にまとい、遺影に向かって「キヨシロー…」とボソボソしゃべる姿を覚えている人は、多いのではないでしょうか?

桑田佳祐ら著名人も多数参加した告別式


2009年5月2日午前0時51分。忌野清志郎はかねてより患っていた癌による癌性リンパ管症の影響で容態が急変し、そのまま還らぬ人となりました。享年58歳。この死を受けて5月9日、『忌野清志郎 AOYAMA ROCK'N ROLL SHOW』という名の告別式が青山葬儀所で開催されます。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    お別れは んん~ 突然やってきてぇ すぐに済んでぇしまったぁ~♪

    3
  • 匿名さん 通報

    ファンでもない人が書いた文章ですね、これ。

    1
  • 匿名さん 通報

    どいつもこいつもアホだらけ。アホみたいな事に、人生使ってな。書き込みクズ人間。

    0
  • 匿名さん 通報

    ヒロトも清志郎もまじかっこいい。清志郎ありがと〜!ヒロト、長生きしてくれ〜!コメントするなんてロックじゃないけど!(恥)

    0
  • 匿名さん 通報

    非常識同士だから普通なんだろう

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品