0

[Androidの基本テク] URLなどをタップしたときに毎回アプリを選択するのが面倒

2012年12月23日 21時00分 (2012年12月26日 07時50分 更新)
ファイルを開いたりURLをタップすると、「どのアプリで開くか」という選択画面が表示される。もちろん毎回選択しても良いのだが、ブラウザなどメインが決まっているものは、一発で起動して欲しい。そんなときは、「この操作の標準として使用」にチェックを入れてアプリを選択しよう。次から選択画面が出なくなり、選択したアプリが起動する。

これはWindowsの「関連付け」に似ているが、こちらは「インテント」と呼ばれるもので、関連付けとは別物だ。Androidではアプリごとの動作の関連で判断するため、URLでもTwitterのURLなら、ブラウザと共にTwitterクライアントが候補にあがる。2chのURLなども同じだ。Twitterへのリンクはこのアプリ、2chはこのアプリ、と設定できる訳だ。Androidの便利な点の一つと言える。

小難しい話は抜きにすると、「同じようなファイルやURLでも、ファイルの使い方や特定のURL別にアプリを設定できるよ」という感じだろうか。選択画面が面倒なら「この操作の標準として使用」にチェックを入れてメインのアプリを決める。毎回違うアプリを使いたいなら、その都度アプリを選択する、というのが使いやすい。



メールなどの他のアプリ上に表示されたURLをタップすると、アプリの選択画面が表示される。この中から開きたいアプリを選択してタップすると、タップしたURLがそのアプリで開かれる。メインのアプリが決まっている場合は、この動作が面倒だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品