『グーグルプレイ プリペイドカード』の登録方法 & 使いやすい!と感じた2つの理由

2013年12月10日 18時40分 (2013年12月14日 15時02分 更新)
クレカに不安がある方はどうぞ


先日、グーグルプレイのプリペイドカードが販売されました。一部コンビニの棚には既にズラリ並んでいるので、見かけた方もいらっしゃるでしょう。

何の前触れもない突然リリースは、もはやグーグルの十八番。私達も毎度毎度驚いているわけにはいきませんが、試さないわけにもいきません!(知的好奇心ウズウズ)

というわけで早速ローソンで買ってきました~。

グーグルプレイから登録♪

・まずグーグルプレイを立ち上げてください。

・左上の「PLAYストア」をタッチ。それから「コードを利用」を選択してください。


・あとは、カード裏のコードを入力すればOK! これ以上なく簡単です♪

支払選択は不要なのがイイ!

さっそく有料コンテンツを購入してみました。

クレカ、キャリア決済等の選択は不要で、初期状態でプリペイドポイントを消費するシステムの様です。これは便利! 通常の利用では、まずプリペイドポイントを先に消費したいですよね。

そして更に嬉しいことに、ポイント以上の金額の買い物(今回の場合では1,500円以上)をする場合、自動でクレジットカード決済になります。地味ですが、手間が省けてイイ感じ!

ポイントはアカウントで共有

AndroidはGmailアカウントでクレジットカードを管理しています。ですから、お家用としてロックをかけていないタブレット端末でも、盗まれてしまったらさぁ大変!

それならいっそ、最初からプリペイドカードのみの利用にしてまううのも得策かと。アカウントが同じなら別の端末でもプリカポイントは共有ですからね♪


サッと登録出来て、無駄な操作は不要で使い切れる。ある意味プリペイドカードとしては普通かもしれませんが、大体どこか一つ抜けてるんですよね...

ますます便利になるグーグルプレイですが、個人的に次は電子書籍のラインナップが今の20倍になってくれれば!


なおプリペイドの額は、1500円、3000円、5000円、10,000円、15,000円、20,000円 の6種類。大手コンビニに加え、ドンキやイトーヨーカドーで購入できますぞ。


(伊藤ハワイアン耕平)


 

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品