無料&即日発行! 新宿『taspo(タスポ)サービスセンター』に行ってきた!

2009年4月17日 16時53分 (2009年4月21日 13時26分 更新)

2008年3月から順次導入され、自動販売機でタバコを購入する際には必須となりつつある『taspo(タスポ)』。しかし郵送による『タスポ』の登録手続きが面倒なこと、またコンビニエンスストアで簡単に購入出来る事も手伝って記者は『タスポ』を持つには至っておりませんでした。ところが新宿に『タスポサービスセンター』なるモノがあり、そこでは作成無料・即日発行であると聞くに及び、早速行って参りました。

場所は新宿駅南口から徒歩3分。新宿ルミネ1の斜め向かいにあります。新宿駅前ということもあり、記者は何度も前を通りかかっていたはずなのですが、パッと見た限りでは、某銀行の看板のようにも見えるため、気が付いておりませんでした。それでは早速、『タスポ』の申請を行ってみましょう。早速入ると親切にも、待ち時間や発行までの時間が掲示されておりました。

まずは入口で簡単なヒアリングを受けます。内容は身分証明書(免許証・パスポート等ですね)を所持しているか、また過去に『タスポ』の申請を行った事がないかの確認でした。なんでも現在『タスポサービスセンター』の手続き対象は新規申請者のみとの事でそうでない方は残念ながら対象外(再発行手続きのサービスは2009年6月より開始予定です)。このヒアリングの結果、特に問題がなければ写真撮影へと進みます。

写真撮影には『チェキ』が利用されておりました。ところで『タスポ』の写真ですが、本人確認に支障をきたさなければ、特に規定はありません。そこで記者は引きつった笑顔で写真撮影に望んでみました。結果、何の注意もされる事なく撮影は終了してしまいました。非常に微妙な笑顔の写真が完成です(正直、撮り直したい……、が自業自得です)。なお、本当に写真が気に入らない場合には、撮り直しには応じて頂けますよ。

続いて撮影ブースの横にあるテーブルにて必要書類に記入を行います。コピー機も設置されていますので、そちらで証明書をコピーし、先ほど撮影した写真と併せて貼り付けます。この書類ですが、郵送での手続きと全く同じ内容です。

書類の記入が終わりますと2階へ上がり、書類の提出となります。カウンターは2つありますが、口頭での説明が行われるため、場合によっては少々待つ事になります。平日の日中に行った今回の場合、写真撮影から提出が終わるまでの所要時間は10分程度。それほど長くはかかりません。ただし、提出が済んでも発行までには最低30分はかかりますので、受付票(『タスポ』の引換券)を貰ってからは少々時間を潰す必要があります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品