0

初心者でもわかりやすい! ソニーの一眼レフデジカメ『α』3機種発売

2009年5月18日 17時25分 (2009年5月20日 11時26分 更新)

一眼レフ初心者にとって、何よりもハードルになるのが“絞り”や“シャッタースピード”などの撮影設定の難しさ。「どっちをどうすれば?」とマニュアルを確認している間に、撮りたいモノも気分もどこかに行ってしまいそうになりますね。

今回、ソニーから6月25日に発売される『αシリーズ』は、初心者の気持ちによりそうやさしいデジタル一眼レフカメラです。グラフィックや文章による撮影ガイドで、初心者にも撮りたい写真が撮れるようにていねいにナビゲート、コンパクトカメラ(コンデジ)からのステップアップを手厚くサポートします。また、450~490gと軽めでコンパクトなボディも、コンデジ卒業を狙う女性の心をくすぐりそうです(すべての写真付き記事はこちら)。


新しい『αシリーズ』は、絞りとシャッタースピードの操作で得られる効果を、わかりやすくグラフィックで液晶画面に表示、被写体の動きにあわせたシャッタースピード設定、背景のボケ具合を決める絞り設定など、撮りたい写真の撮影設定を直感的に行うことができます。また、撮影モードの選択では、その効果を文章とサンプル写真で説明するヘルプガイドも表示されます。

ソニーのエントリーモデルでは初めて、HDMI端子(タイプCミニ端子)を搭載したことも大きな特徴です。『ブラビアプレミアムフォト』にも対応しているので、液晶テレビ『ブラビア』の大画面で高画質写真を鑑賞することができます。コンパクトなボディは軽めで持ちやすく設計されており、操作ボタンもわかりやすいレイアウトです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品