0

E3 2011 ソニープレスカンファレンスでPSP後継機種の正式名称などを発表! 価格は2万4980円から

2011年6月7日 11時35分 (2011年6月8日 21時26分 更新)
7日の9時から始まったソニーのプレスカンファレンスで、『PlayStation 3』の注目タイトルや『PlayStation Move』、更にはプレステブランドの3Dモニターが発表された。最も注目されている『PSP』の後継機種『NGP(開発コード)』も発表された。SCE代表の平井一夫社長が登壇し正式名称を発表。正式名称は『PlayStation Vita(ヴィータ)』と発表されリークされていた情報に合致したものとなっていた。「Vitaは“Life”という意味」と名称を説明。

さらに通信インフラについてはAT&Tと独占契約で回線スポットを提供すると発表。モデルはWiFiモデルと3Gモデルが用意される。

Vita用タイトル『Uncharted Golden Abyss』のデモを行いボタン操作だけでなく、タッチスクリーン操作やSixaxisによる操作も可能なことを見せた。

そのあとは『PS3』と連動するソーシャル型RPG『Ruin』のデモなどが行われた。見た目が某B社のアクションRPGに似ているのは気のせいなのか? 気になる『Vita』の価格はWi-Fiモデルが2万4980円(税込)/249USドル/249ユーロ、3G/Wi-Fiモデルが2万9980円(税込)/299USドル/299ユーロだ。

2万4900円は確実に『ニンテンドー3DS』を意識した価格だというのがわかる。




注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品