0

『幸福の国』の犬たち

2016年10月5日 09時00分 (2016年10月7日 13時59分 更新)

この犬のプロジェクトの底に流れる精神も同様だ。動物福祉とか動物保護というと、私たちはついヨーロッパやアメリカにばかり目を向けがちだ。しかし物事を見る角度を変えてみることも時に必要ではないか。犬という生き物がそこに居ることを認め、受け入れ、命を尊重するという仏教的な考え方には現代の日本人が改めて見直し、学ぶところがあると強く思うのだ。

(画像はPublic Radio Internationalサイト http://www.pri.org/stories/2016-06-15/bhutan-carried-out-nationwide-program-spay-and-neuter-its-stray-dogsより)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ガニング 亜紀) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品