0

手描きかCGか? 日本か世界か? 水島精二監督と野口光一PによるCGアニメ対談

2017年9月22日 23時11分 (2017年9月29日 22時58分 更新)
2017年9月21日(木)、ヒルトン東京お台場にて、3DCGソフトウェアメーカーAutodeskによるセミナーイベント「Autodesk University 2017」が開催され、アニメーション監督の水島精二氏と、東映アニメーション株式会社のプロデューサー野口光一氏による「3DCGの夜明け-日本のフルCGアニメの未来を探る」と題した対談が行われた。

対談は野口氏による進行の元、事前に設定された質問に答える形で行われた。「アニメ監督の仕事の内容はどんなものですか?」という質問に、水島監督は「多くの人が携わるのがアニメ制作なので、ビジネス以外の業務全体をコントロールし、スタッフが迷わないようするべきことを伝えていくのが監督の仕事。場合によってはスタッフ集めや作品企画そのものを立案することもある」と説明した。
一例として、水島氏が監督を、野口氏がプロデューサーを担当したCGアニメ作品『楽園追放 -Expelled from Paradise-』では、企画当初に「(脚本の虚淵氏を含む)俺らだと主人公が残酷な目に遭う話になると思われるだろうから、人が死なない話にしよう」とコンセプトを定めたことを明かした。

アニメプロデューサーの仕事については、野口氏から「スタッフ構成やシナリオなどにも携わる企画寄りのプロデューサーと、主に宣伝や予算などを担当する製作寄りのプロデューサーがいる」と説明。水島監督は「企画も製作も両方やるけど、メーカーにいるか制作スタジオにいるかなどで、そのどちらの割合が大きいかが変わってくるのでは」と意見を添えた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品