格安で自作しよう!世界に一つだけのオリジナルiPhone5用ケースの作り方

2012年9月30日 12時00分 (2012年10月2日 18時11分 更新)
ども!ともぞう(@tomozo_1975)です。

iPhone5の発売日から1週間、皆さんもう手に入れられましたか?

新しいiPhoneを手に入れたら欲しいのがケース!ただ、まだ発売から間もないこともあって、iPhone5用のケースは種類が少なくなかなかお気に入りに巡り逢えません。

そこで今日は無いなら作ってしまえ!ということでオリジナルデザインのiPhone5用"自作ケース"作りに挑戦してみました。

パソコンとプリンタさえあれば、意外と簡単に作れちゃいますよ!
準備するもの

まず最初に準備するものはこちらの4つ!

1.iPhone5用の透明ケース

iPhone 5 ケース NEW iPhone5用 ハードケース クリア (580円)

⇛背面を覆う透明なケースならなんでもOKです。

2.ケースとiPhoneの間に入れる紙

ELECOM つやなし仕上げの厚紙 EJK-SAA4100 (700円)

⇛厚手の紙であれば、これでなくてもOKです。

3.テンプレート画像
ケースのデザインを作る時に使うテンプレートです。

画像のダウンロードはこちらから ⇛ iPhone5_templete.png

4.背面デザインの画像編集用のソフト

今回は背面デザインから印刷までを無料のOffice代替ソフトの「LibreOffice」で行います。

Windows版 ⇛ Download
Mac版 ⇛ Download

⇛ダウンロードしたらファイルをダブルクリックして指示通りインストールすればOKです。

ここまで揃ったら準備万端!まずは背面デザインを作っていきますよ。

背面のデザインを作ろう!

最初にiPhoneの背面のデザインに使いたい画像を決めましょう。

デザインに使う画像はGoogle画像検索で探すのがおすすめです。

Google画像検索

絞り込みで画像のサイズを"大"にして、さらに絞り込みたい色を指定すれば目的の画像を探しやすくなります。

画像が決まったら編集をしていきます。「LibreOffice」の”図面描画”を起動します。

ファイルメニューの"挿入⇛画像⇛ファイルから"と進み、先ほどダウンロードしたテンプレート画像とデザインに使う画像を読み込みます。

最初にテンプレートの画像サイズを変更します。画像を選択して右クリックから”位置とサイズ”を選び、

サイズの欄にある幅を58mm、高さを123mmに変更します。

*サイズの単位がインチ表記になっている場合はツール⇛オプションから変更できます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

その他の写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」