0

【初代懐古】リアルな「iPhone 8」のコンセプト画像

2017年4月5日 10時58分 (2017年4月18日 08時00分 更新)

今年後半の発売が噂される「iPhone 8 (仮称)」のコンセプト画像が掲載されていました。

画像は、将来のApple製品をリアルなCGで描くことで知られるMartin Hajek氏が制作し、ドイツのサイト・COMPUTER BILDが掲載したものです。

次期iPhoneは、初代から数えて10世代目にあたる記念モデルとされ、ゆえに初代のデザインを踏襲するのではないか、との予想もあります。

下の画像の手前が初代iPhoneで、奥がiPhone 8。

image : COMPUTER BILD

最も目を引く特徴は、背面の下の部分が黒い「ツートン・カラー」となっているところ。

image : COMPUTER BILD

フロントは、5.8インチとされるOLEDがほぼ占拠。

image : COMPUTER BILD

Touch IDのボタンは無くなり、画面上のバーチャルなボタンでアンロックする仕組みのようです。

image : COMPUTER BILD

iSightカメラはiPhone 7 Plusと同じデザインの模様。

image : COMPUTER BILD

iPhone 8に関する情報は今のところ断片的で、またCADデータのリークもないため、実物とは大きく異なる可能がありますが、あれこれと想像を膨らますことが楽しかったりもします。

image : COMPUTER BILD

ソースのCOMPUTER BILDには大量の画像が掲載されているので、興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

iPhone 8に関するこれまでの情報はこちらをどうぞ。

【リンク】iPhone 8の情報・噂のまとめ

©2017 "Touch Lab - タッチ ラボ".

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品