「ハロプロ」新メンバー決定、ハーフ美少女2人にも日本行きのチャンス―台湾

2008年9月21日 20時22分 (2008年9月24日 00時17分 更新)

20日、「ハロー!プロジェクト」の新メンバーを選ぶオーディション番組「早安家族New Star」に合格した6人の美少女が、今年11月にも日本でトレーニングをスタートするという。(Record China)

[拡大写真]

2008年9月20日、「ハロー!プロジェクト」の新メンバーを選ぶオーディション番組「早安家族New Star」に合格した6人の美少女が、今年11月にも日本でトレーニングをスタートするという。聯合報が伝えた。

「ハロプロ」を手がけるつくんが審査員をつとめた「早安家族New Star」の最終決戦では、予定されていた数より1人多く、計6人の新メンバーが誕生。11月から日本でのトレーニングを受け、来年1月にもCDをリリースするという。【その他の写真】

最終メンバーからは外れたものの、視聴者の人気を集めたのが8歳で中仏ハーフの呉兆絃と、6歳で日台ハーフの藍愛子。審査団では、2人が幼すぎるため数年してから日本でトレーニングを受けるのがいいと判断したため、事実上の「ハロプロ」メンバー入りを果たしたことになる。(翻訳・編集/Mathilda)

【関連記事】
つんくも太鼓判!「ハロプロ」新メンバーに6人の美少女が決定―台湾
エルバ・シャオ、「未来のモー娘。」たちにセクシーダンスを伝授!―台湾
「モー娘。」海外初のオーディション、オリエンタル美少女勢ぞろい―台湾
「モー娘。」に台湾ファン熱狂、新メンバー候補の最年少は6歳!―台北市
モー娘。が海外初コンサート、台湾風の「オタダンス」も?―台北市

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品