人気俳優からセクハラ、19歳女優が涙の会見―香港

2011年11月23日 14時17分 (2011年11月26日 00時17分 更新)

22日、香港の若手女優ローズ・チャンが記者会見を開き、俳優ベニー・チャンとジョー・マから受けたセクハラ被害について語った。(Record China)

[拡大写真]

2011年11月22日、香港の若手女優ローズ・チャン(陳嘉桓)が記者会見を開き、俳優ベニー・チャン(陳浩民)とジョー・マ(馬徳鐘)から受けたセクハラ被害について語った。成報が伝えた。

【その他の写真】

19歳の若手女優ローズ・チャンは、香港のドラマ界で活躍する人気俳優ベニー・チャンとジョー・マからセクハラ被害に遭ったとメディアに訴えた。中国・浙江省で映画撮影中だったローズが別の作品のロケに来ていた2人と夕食の席を共にし、泥酔したベニーにキスをされ、2人に体を触られたと説明。さらに当時の写真が週刊誌に掲載され、大騒動に発展している。

22日、香港で記者会見を開いたローズは、弁護士を伴いスッピン顔で登場。食事に招かれ、「自分を妹のように思ってくれている」と感じた2人が、「別人に豹変したかのよう」と当時の恐怖を語った。抵抗できなかったのか?との質問に、「あまりに突然だったのと、驚きで反応できなかった」と話し、具体的に誰にどこを触られたのかについては、弁護士の指示でコメントを控えている。なお、会見終了後に最寄りの警察へ被害届を提出した。

当初否定していたベニーは、週刊誌に写真が掲載されると一転して行為を認め、ミニブログで謝罪。「今後は言葉と行動に注意したい」と綴っているが、一般社会からの批判は高まる一方。ジョー・マは一貫して否定姿勢を続け、被害に遭って泣くローズを「なだめていただけ」と話している。(翻訳・編集/Mathilda)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品