米タイム誌、日本の「江南スタイル」無視は竹島問題が原因か=韓国

2012年10月17日 10時08分 (2012年10月20日 00時12分 更新)
 米タイム誌(電子版)が16日、「日本はPSYの熱狂に免疫がある?」と題し、韓国人歌手PSY(サイ・35)の「江南スタイル」が世界で唯一日本だけ人気がない理由を分析したと、複数の韓国メディアが報じた。

 韓国メディアは、「日本の“江南スタイル”の無視は、独島のため?」「江南スタイル、独島葛藤のため日本で人気がない」となどと題し、米タイム誌の記事を伝えた。

 同誌は「もしあなたが世界中で人気のPSYのヒット曲に飽きたら、荷物をまとめて日本に行け」と冒頭で切り出し、「ガールズグループの少女時代をはじめ、K-POP人気が熱い日本で『江南スタイル』がヒットしないのは、異常なパラドックス」だと述べた。

 同誌は、PSYの企画会社が「江南スタイル」の日本語版の発売を先送りしていることも、日本国内での興行不振の一因だと指摘。

 また、8月から竹島領有権をめぐる日韓間の外交摩擦により、北東アジアの政治環境が冷え込み、日韓の緊張が高まっていることと相まって、韓国の大衆文化に対する日本人の関心が落ちた。「江南スタイル」もその影響を受けたとの見方を示した。

 タイム誌は「これは本当に残念なこと、馬ダンス(PSYが同曲で踊るダンス)で解けない外交摩擦はない」と述べたと紹介した。(編集担当:李信恵山口幸治

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品