【華流】再結集した「F4」!友情を確認し深い絆でつながった

2013年2月7日 17時34分 (2013年2月10日 00時12分 更新)
 中国・江蘇衛星テレビの旧正月を祝う年越し番組で、約4年ぶりに結集した台湾の男性ユニット「F4」。メンバーの4人が、久しぶりに会った感想などを語った。

 再会を喜んだ言承旭(ジェリー・イェン)、周渝民(ヴィック・チョウ)、呉建豪(ヴァネス・ウー)、朱孝天(ケン・チュウ)。収録現場は和気あいあいムードで、「僕の最大のニュースは、前と比べて変わっていないこと。相変わらず子どもっぽいんだ!」とジェリーが笑うと、「ジェリーは男の子から男になった!」とヴァネスが褒め、「ジェリーは思いやりがある義理堅い人。僕がアルバムをリリースする度に、祝ってくれました。忙しくて会えない時は、花を贈ってくれるなどして必ず祝福してくれるんです」とヴィックが明かした。

 続いてヴァネスについて、「普通の人には耐えられないくらいのトレーニングをこなして、体を鍛えています。時間ができたらジム通い。朝一緒にランニングをした時は、僕は15分過ぎた頃には口から泡を出して疲れ切っていたけど、ヴァネスは元気いっぱいだった」とエピソードを語ったヴィック。「自分の予定をキャンセルしてヴィックとジムに行く約束をしたのに、来ないことがあった。当日は電話連絡もつかず、しばらくして“寝坊して忘れた”とおわびされたことがある! ドタキャンの王様と呼びたいよ」と、ヴァネスが笑いながら告白。ケンからも「自分のバイクを僕の家に停めて、もう3年になるけど置きっぱなし。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品