寺西一浩監督が永尾まりや、西村一輝と米ロサンゼルスでレッドカーペットに登場!

2017年5月15日 17時50分 (2017年5月18日 00時00分 更新)

14日、寺西一浩監督の「東京ボーイズコレクション~エピソード1~」が、JAPAN FILM FESTIVAL LOS ANGELES 2017に正式招待された。写真はレッドカーペットに登場した野呂田直樹氏、永尾まりや、寺西一浩監督、西村一輝。(Record China)

[拡大写真]

5月14日、世界的に評価の高い寺西一浩監督の最新映画「東京ボーイズコレクション~エピソード1~」が、米ロサンゼルスで開幕のJAPAN FILM FESTIVAL LOS ANGELES 2017(第12回ロサンゼルス日本映画祭)に正式招待され、主演の西村一輝、元AKB48永尾まりやらとともにレッドカーペットに登場した。また、同日開催された授賞式では最高賞の最優秀パフォーマンス賞に輝いた。

【その他の写真】

本作は、日本人監督として初めて第14回モナコ国際映画祭で最優秀グランプリを含む7冠を授賞し先月劇場公開もされたばかり。今回、アメリカプレミア上映された会場には世界的に評価を受けた本作を見ようと、ハリウッドやロサンゼルスからもたくさんの観客がつめかけ、大きな歓声が贈られた。

舞台挨拶で寺西監督は、「ヨーロッパの次はアメリカと映画祭に呼んで頂き、たくさんの異文化の方々に映画を見てもらえて光栄です」と挨拶。主演の西村一輝は、「ロサンゼルスという映画の本場にこの映画とともに来ることができてうれしいです」と語った。

ロサンゼルスでは、寺西監督の次回作も発表され、同行したプロデューサーで実業家の野呂田直樹氏をモデルにした映画「NAOKI~TIME IS LIFE~」に永尾まりやが出演することが決定。世界的なテーマである「貧困」を描き、永尾は児童福祉施設の先生として登場することも明らかになり、「東京ボーイズコレクションに続き、また出させていただけて光栄です!今回はNAOKIというノンフィクションの作品になります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品