0

オリックス新駐米スカウトに元ダイエー“恐怖の2番打者”バルデス氏就任

2017年1月12日 15時18分 (2017年1月14日 21時05分 更新)

2013年WBCにプエルトリコ代表として出場したペドロ・バルデス氏【写真:Getty Images】

[拡大写真]

昨季は外国人の補強に失敗、NPB経験を持つバルデス氏は強力“助っ人”

 オリックスは12日、元ダイエー助っ人のペドロ・バルデス氏が駐米スカウトに就任したと発表した。

 プエルトリコ出身の外野手バルデス氏は1990年ドラフトでカブス入りし、1996年にメジャー昇格を果たした。1999年から2季をレンジャーズで過ごした後、2001年からダイエーに入団。初年度から打率.310を記録するなど“恐怖の2番打者”と呼ばれる活躍を見せ、2003年には103打点を挙げ、2番バルデス、3番井口資仁、4番松中信彦、5番城島健司で“100打点カルテット”を結成した。日本で過ごした4シーズンでは、497試合に出場し、打率.302、86本塁打、335打点を記録した。

 2004年オフに戦力外通告を受けた後はメキシコでプレー。2007年には韓国球界でプレーしたが、翌年に再びメキシコに戻り、2009年からは故郷プエルトリコのウインターリーグでプレーした。2013年WBCにプエルトリコ代表として出場していた。

 昨季は補強した外国人選手が機能せずに苦しんだオリックスだが、自らもプレー経験のあるバルデス氏の加入により、スカウティング活動が強化されそうだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品