0

広陵・中村はプロでも「即戦力」 名将・野村克也の“右腕”が絶賛する理由

2017年8月23日 10時22分 (2017年8月23日 21時55分 更新)

ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏【写真:岩本健吾】

[拡大写真]

準決勝までに大会新の6本塁打、甲子園を沸かせる強打の捕手は「本当に魅力的」

 第99回全国高等学校野球選手権大会は23日、決勝戦が行われる。広陵(広島)と花咲徳栄(埼玉)は、どちらが勝っても初優勝という注目の一戦。ここまで大会の主役を演じている広陵の中村奨成捕手の打撃にも大きな注目が集まる。

 中村は22日の準決勝・天理(奈良)戦で2本塁打をマーク。今大会通算6本塁打として、32年前の1985年に清原和博PL学園)が残した1大会の通算最多本塁打記録(5本)を更新した。さらに、7回には満塁で走者一掃の適時二塁打も放つなど1試合7打点の大暴れで今大会17打点とし、2008年に萩原圭悟(大阪桐蔭)がマークした1大会の通算打点記録(15打点)も更新。塁打数も「39」まで延ばし、09年の河合完治(中京大中京)の「28」を大きく上回る大会新とした。

 衝撃的な活躍を続ける強打の捕手は今秋のドラフトの目玉にもなりそうな気配だが、専門家のリアルな評価はどのようなものなのか。現役時代に南海、ヤクルトでプレーし、引退後は名将・野村克也氏の“右腕”としてヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏は、高卒でプロ野球の世界に飛び込んできた選手を数多く見てきた。近年では、ヤクルトの山田哲人内野手が入団時に2軍の育成コーチと寮長を兼務するなど、たくさんの“金の卵”を見る立場にあったが、中村については「即戦力ですね」と断言する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品