巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

箸を簡単に操れる便利器具ファンチョップ

先日、久々に日本食料理店にランチを食べに出かけたところ、アメリカ人の友人の箸の前に飴かと思えるような、個包装の物をウエイトレスのお姉さんが「はいどうぞ」と置いていった。
私にはくれなかったので、友人と「ナニ?ナニ?」と開けてみたら、ファンチョップという名前の「これを使うと箸を簡単に使うことができますよ」というプラスティックの小さい器具だった。

どうやらこのファンチョップ、アジア人以外の箸を使えそうにないお客さんにオマケとしてサービスしているようだ。
日本食を食べに来たなら、箸をとにかく使ってみるとか、使うフリをするとか、結構努力をする人達もいることは認めるが、箸を使おうともせず最初から諦めているのか、経験済みなのか「フォークを下さい」なんてことになりがちなシカゴ。

しかし、このファンチョップがあれば、箸を自由に操る事ができてしまうのだ。
箸の両方につけると、バネのように働き、パン挟みのようになる。箸の正しい使い方を無視しているかもしれないが、日本人でさえ、昨今は正しく箸を持てる人が少なくなってきているというなか、箸に興味を持ち、日本食を箸で食べてみようという気にさせるファンチョップには好感が持てる。
うどんや蕎麦、そしてお寿司までもがフォークを使って食べられてしまうと日本食ではなくなってしまうような気になるが、このファンチョップ一つで、冷や奴だって、天丼のご飯だって、きれいに食べられることになる。

次は味噌汁をレンゲなしで飲める器具の開発でもして欲しいものです。
アメリカのジャパニーズレストランでは、アジア人以外の人の味噌汁はレンゲとセットで出てくるのが常なのだ。
(シカゴ/あらた)

2005年10月29日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品