巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

本場“ルーブル”の芸術が通販で買える!?

高いのか安いのか? 「ミロのビーナス」23万5000円、「バステト女神」3万1500円

世界でも屈指の芸術品が集まるフランス・ルーブル美術館。「ミロのビーナス」はじめ、「モナリザ」など、数々の名作が展示されているのは周知の通り。ただ、本場の芸術にふれられるとはいえ、なかなかフランスまで行くのは大変ですよね。しかし、知ってる人は知っている三重県白山町にある『ルーブル彫刻美術館』では、当たり前のようにルーブル美術館で直接型をとった彫刻品が展示されています。さらに、なんとその彫刻品が通販で買えるというではありませんか!? 実際に話を聞いてみました。

館長さんのお話によると、こちらの美術館は本家「ルーブル美術館」の姉妹館として認定されていて、前述の通り全ての展示品はルーブル美術館の作品から直接型をとって作られているそうです。大きさはもちろん、色も傷も全て本物と同じ復刻品。写真などから再現する模刻とは異なり、全く価値が違うとか。館長のお父様が何度も断られながらもお願いし続けたおかげで実現できた貴重な作品たちなんです。

通販の事を聞いてみると「はい、買えますよ」と一言。販売している作品は、ルーブル美術館でおみやげとして売っている彫刻品。もちろん、こちらも作品から直接型をとっている復刻品だそうです。簡単に販売品をご紹介すると「ミロのビーナス」が23万5000円、「バステト女神」が3万1500円、そして「子供のラムセス?号」が2万8000円、などなど。ルーブル美術館が日本でも販売してほしいと館長さんに依頼し、もちろん直接現地から仕入れをしています。全ての作品には、フランス美術館連盟の認定シールが貼られているので安心です。ちなみに作品の販売は、在庫がある限り。今後は改めて取り寄せる事はしないとの事なので、買うなら今? かも知れません。

果たして高いのか? 安いのか? 直接型を取っているという貴重な作業を考えると断然安く感じるが、家にあってもしょうがない気もする。庭に「ミロのビーナス」なんてあればセレブだが、庭もない。なぜか『ルーブル彫刻美術館』ホームページを見てウンウン唸ってしまいました。
(木南広明)

*販売している作品の在庫は直接お問い合わせ下さい。

2006年2月15日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品