巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

タダで入れるブックカフェ「MARUNOUCHI CAFE」

3代目「MARUNOUCHI CAFE」に寄ってみた。この「MARUNOUCHI CAFE」は東京のど真ん中、丸の内にある新東京ビルの1階にあるカフェ。無料で利用できるカフェ&図書館として有名なのである。

1階のカフェにはアートやカルチャー系の雑誌が置かれており、自由に読める。インターネット用のPCも用意されており、会員登録すれば無料でネットもできる。もちろん無線LANも利用可。2階には図書館があり、セレクトされた古書が置かれている。

おしゃれな雰囲気の中で、本を読んでいる人もいれば、ネットをする外国人もいる。普通おしゃれなカフェにまずサラリーマンはいないものだが、ここは平日だと、新橋有楽町系サラリーマンのおじさんがテーブルにつっぷして爆睡してたりして、なんともカオスな雰囲気。

入場無料なので、カフェといいつつ、飲食物は自販機が置いてあるのみだ。ただその自販機に入っている飲み物も「ペリエ」だの「オレンジーナ」だの「スルジーヴァ」だの「ウィルキンソンジンジャーエール」だのちょっとオシャレなモノが用意されている。瓶入りペリエが置いてある自販機は珍しいかも。

ライブラリーに置いてある本は、生活・文化系、デザイン・アート系、自然科学系の3つのカテゴリーを中心にセレクトされた本が集められている。パラフィン紙に包まれた古書が多く置かれており、目についた「宮脇俊三鉄道全集」や「地下都市―ジオ・フロントへの挑戦」なんてのをつい読みふけってしまった。他にもナショナルジオグラフィックがいっぱい置いてあったりして、楽しげなラインナップ。

本好きな人はぜひ一度立ち寄ってみては?
(エキサイトニュース編集部 さわだ)

他にもこんなコネタがあります

2004年7月4日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品