巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ブリトニーがはまるフレッシュ・ジュースの店とは

(上)店舗外観(中)フルーツをミキサーにかけているところ(下)Jumbaのイメージキャラクターのバナナマン

最近NY市内に進出してきたフレッシュ・ジュースの店「jamba juice(ジャンバ・ジュース)」。

ここ2,3ヶ月でマンハッタン内に9件ほどオープンし、さらに2件オープンする予定というのだ。
若者が多いユニオンスクエア(14丁目)、ショッピング客の多いソーホーもお昼の時間から夕方にかけて、長い列ができている。 

なんでそんなに人気なのか? 
何が他のフレッシュ・ジュースと違うのか?

フィットネスに狂っていたカーク・パーロンさんがたまたま立ち寄った健康食品のストアでフルーツジュースを飲んだとき、これだ! と思い、1990年にジュース・クラブとしてお店をサン・ルイス・オビスポに第一号店をオープン。その後、カリフォルニアに2号店、3号店とオープンさせ、今では100以上の店舗をアメリカ内にもつ大型チェーン店として成長。1995年には、名前を今に至る「ジャンバ・ジュース」に変更。ちなみに名前のジャンバは、アフリカの言葉で「祝う」という意味らしい。

栄養がある、ヘルシーなのでダイエットに効果大、エネルギー補給と、他のフレッシュ・ジュースとは明らかに違う文句でうたっているこの「ジャンバ・ジュース」。 

人間は一日に3〜6種類のフルーツを摂ることを望まれているが、なかなか難しいのが現実。でもここのジュースは3〜6種類のフルーツに加えて栄養素であるプロテインなどを加え、毎日忙しく思うように摂取できないビタミン、ミネラル、アミノ酸など、人間に必要な栄養素を手軽に美味しく補うことができるのだ。
フルーツや野菜を目の前でミキサーにかけ、シャーベット状に加工したジュースは、甘さも甘すぎず、素材の旨みがそのままでていて、製法にはなんの特別なことはないのだが、さらりととろける食感と味わい、それぞれのフルーツが持つ鮮やかな色あいなどまさに五感にひびく飲み物だ。
 
ブリトニー・スピアーズは最近太ったり痩せたりと忙しそうですが、ダイエットが必要なときはこれを食事代わりにとっているという情報も。60種類以上あるメニューは、どれもきっと気に入るはず。
サイズはSは$3.75〜,Mは$4.65〜,Lは$5.55〜。
ちなみにメニューによって値段が異なるようです! 
アメリカに着いたら、まずはJambaでエナジーゲットですよ!(RIE/在ニューヨーク)

ちなみにジュースのメニューと一つ一つジュースにおける栄養素はこちらでご覧になれます。 

他にもこんなコネタがあります

2005年3月31日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品