巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

駅探の乗り継ぎ時間、目安は30代男性

このエントリーをはてなブックマークに追加

つくばエクスプレスの秋葉原駅。ここの日比谷線乗り換えは私の足では10分もかかった!

行ったことのない場所へ向かう時、仕事でお客さんのところに向かう時、自然にチェックしてしまうインターネットの乗換案内。今やあたりまえになったが、以前は路線図から一生懸命乗換駅を探していたはず。時間の目安も大体想像で、早めに出たりしてたっけ。それが今やインターネットで一発検索。結果の電車に乗ればOK。時代は変わったものだ。

さて、先日この乗換案内にしたがって家を出て目的地に向かったが、予定より早くついてしまった。どうやら、乗り継ぎの時、予定の電車の1本前に間に合ってしまったようだ。そういえば、せっかちな私は小走りで階段を駆け上がり、しかも切符も持っていた。きっと乗り継ぎ時間が短縮されたのだろう。そうかぁ、だったら逆に乗り継ぎに間に合わないこともあるんだろうな。じゃあ、乗り継ぎ時間はどうやって計算しているんだろう? 疑問に思った私は、さっそくエキサイトにも乗換案内を提供している「駅前探検倶楽部」に問い合わせてみた。

「乗り換え時間については、混雑していない時間帯に30代男性が移動することを想定し、基本は実測に基づいてご案内しています。実測値の端数は10秒単位で切り上げています」とのお答え。へぇ〜、実測!! さらにポイントとしては、
・ホームなどに掲示されている「乗り換え口指示」に従って歩行
・ホーム中央からを目安としている
・切符購入は一律30秒
・階段を使用
ということが挙げられた。一駅一駅、30代男性がこまめに歩いて計測したのだろうか。その努力に脱帽!!! すばらしいっ!

ということは、切符購入の時に財布がカバンの中で見つからなかったり、乗り換えに一番遠いところで電車を降りてしまったりすると、検索結果通りに到着するのは厳しくなる。しかも、30代男性が基準ということは、集団で歩いている女子高生やお年寄りは、間に合わないこともあるだろう。
でも逆に、駅探も結果で「間に合わない!」と思ってもがんばって走ればセーフってこともあり得る。駅探して時間と戦っているサラリーマンのみなさん、諦めずにがんばろうっ!(さくら)

他にもこんなコネタがあります

2005年9月4日 00時00分

注目の商品