巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

館長コレクションも楽しめる海洋堂ミュージアム

(上)私をもっとも魅了した女神様。う、うつくしすぎる……。(中)物議を醸した、全日空のキャビンアテンダント・フィギュア。2005年版の新しいユニフォームです。(下)「男はボディだ!」頭でスイカ割りをするタイガーマスク。

食玩フィギュアのトップメーカーとして知られる海洋堂の館長がなんと、滋賀県の長浜というところにリアルミュージアムを建設! 9月7日にオープンしたばかりというこの施設、さっそく出かけてきましたよ。

まずは、入口で等身大のケンシロウ&大魔人が「いらっしゃい……」とばかりにお出迎え。
リアルな生物たちが闊歩するチョコラザウルス「生命の歴史連続ジオラマ」コーナーから、女子のハートをワシづかみの「アリスのティーパーティ」や「プチブライス」シリーズ、懐かしのハイジやマルコ、現代っ子にはたまらないポケモンにセーラームーン、モリゾー&キッコロまで!! おなじみの食玩フィギュアたちがそれぞれの物語にふさわしい世界を、ジオラマ(箱庭)で再現した中に展示されておりました。やっぱり2次元が3次元になって、陰影のある世界として目の前に存在するというのはかなり刺激的なもんですねー!!

残念ながら私、マンガとかアニメにそれほど詳しくないので知らない作品のフィギュアも多かったのですが、こりゃ〜詳しい人ならもっともっと楽しめそうです。

ところで、造型的に「これはすごい!!」と感動したのが「あぁっ女神様」という作品に出てくるらしいベルダンディーという女神像(画像)。これ、衣装のひらひらとかものすごいと思いませんか?? サイズ的にはそんなに大きくないのですが、あまりの美しさと完成度の高さにすっかり魅せられてしまいました。これとは別に、等身大の女神が吹き抜けのところに展示してあるのですがこちらも必見!! 3体の女神がそれぞれ楽器を奏でているというもので、幻想的なライトが当てられてそれはそれはド迫力なのです。

他に、私の知っている範囲では「ときめきメモリアル」「ラブひな」「エヴァンゲリオン」「AKIRA」「ムーミン」「サイボーグ009」「銀河鉄道999」etc.などのフィギュア&ジオラマがありました。まさに子供も大人も婦女子も、いわゆる「萌え系」な方々まで、みんながみんな楽しめるステキミュージアムといえましょう。

ちなみに、最もおもしろかったのは展示の最後にある館長コレクション「龍の部屋」!! 洋風、和風、中華風問わず館長が集めたありとあらゆるドラゴンが陳列してあってビックリ! 中華料理屋に置いてありそうな金ピカの龍から、水晶の高そうな龍までがズラ〜と並んでいてまさに壮観なんです。眺めているうちにこれをフィギュアというのなら、実家にあったダルマとか博多人形もフィギュアの仲間なのでは……、フィギュアっていったいなに? と思わず考え込んでしまいました。
最後のさいごにそんな命題をつきつけてくるなんてやっぱり、さすが海洋堂です。「フィギュアは地球の遺産の再現であり、それは人類の郷愁であり、憧憬である」とは、入口近くのドン・キホーテ像横に掲げられたミュージアムからのメッセージ。遠方からでもわざわざ行く価値充分ですよ!(野崎 泉)
関連キーワード

2005年9月22日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品