巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

使う人が好きなサイズの机を選ぶカフェ

逆遠近法!?奥に行くほど机は大きなサイズに。

遠近法? と一瞬目を疑うこのカフェの写真、実は手前のテーブルセットは小さく、奥に行くほど大きくなっている。しかも、全部のテーブルセットが違う大きさでできている。

ここはお台場の日本科学未来館5階にある「サイエンスギャラリーカフェ」。ぱっと見たところ普通のおしゃれカフェだが、ユニークなサイズのテーブルセットに、カフェ、ブック&ポスターコーナーが盛り込まれていて、なんとも好奇心をそそる。でもなぜこの机はサイズが違うのだろう? 日本科学未来館(展示開発グループ)の森田さんにお話を伺った。

「サイズが全て違うのはデザイナーの方のアイデアで、一番小さいのは歩き始めた子供に、一番大きいのは身長2mの人に合わせてあります。人によって、快適なサイズは違うはず。使う人に、好きなサイズを選んでもらえるようにというコンセプトです」
身長2m!? 実に幅広い客層に対応しているのですねー。ではお客さんの反応のほどは?
「子供が小さいテーブルに座ると、ぴったり納まって妙に大人びて見えたり、逆に大きなテーブルにかしこまった大人の方が座っていると、なぜかかわいらしく見えるので不思議です。長居されるお客様も多く、きっとこの不思議なスケール感覚を気に入ってくださっているのではないでしょうか?」

このカフェの奥には授乳室「Baby's cafe」もある。清潔な空間で、赤ちゃんとお母さん、お父さんが一緒にミルクを飲める場所。子供が多く訪れる科学館ならではの心遣いがうれしい。サイエンスの教養に触れた後、このカフェでホッと一息、くつろぎのひと時をすごしてみてはいかが?
(さくら)

2005年11月14日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品