巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

牛丼の注文方法に迫る!?

やっぱり牛丼は日本人の心ですね……。早く食べたい。

BSE問題で突如、食卓から姿を消してしまった我らが牛丼。いわば国民食と呼ばれるぐらい多くの人に愛され、食べ続けられた牛丼の販売中止への波紋は大きく、牛丼復活を願う人は多い。しかし、最近、牛肉輸入再開の兆しが見え始め、年明けには販売再開出来るのではという嬉しいニュースもある。今回は、そんな販売再開直前(予定)の心構えとして、牛丼の注文方法について調べてみた。俗に言う「つゆだくで!」って奴ですね。果たして…!?

まずは、おそらく一番オーソドックスな注文であろう“つゆだく”。まさにその言葉通り、通常よりも牛丼の煮汁が多めにかかったおじや感覚で食べれる注文方法。逆に、煮汁が多いのが苦手という人には“つゆぬき”。ご飯と牛肉そのものの味を楽しむ事が出来る。そして、牛丼には欠かせないタマネギの量を調整するのが、“ネギだく”“ネギ抜き”。タマネギ好きな人にはたまらない注文方法である。

ここまではある程度知られている注文方法。しかしまだ他にもあるのではと思い、某SNSで簡単なアンケートを取ってみた。すると驚くべき注文方法が浮かび上がってきたのである。

例えば、脂の多い肉を少なめにする“トロ抜き”。脂がのったという部分をマグロのトロに見立てて生まれた注文方法。脂肉が苦手な人はコレ。逆に“トロだく”という脂肉を多めにする方法もある。そして“アタマ大盛り”。これは並の料金でご飯を少なくし、その分肉を大盛りにしてくれるという裏技。他にも、単純にご飯が少しでいい人は“シロ少な目”、煮汁が尋常じゃなくたっぷりを好む人は“つゆだくだく”。そして禁断の“肉抜き”(タマネギおじやみたいになるらしい)など、そこまであるのかと思わせる数々。知っているとなぜか通になった気がしてくる。

牛丼販売再開が目前に迫った(予定)今だから、牛丼を楽しみ基礎知識としておさえておきたいですね。きっとまだまだ他にもあるはずなので、ぜひ探して見てください。それにしても……、「あ〜牛丼食べたい!! 」
(木南広明)

*ちなみにこれらの注文方法は、牛丼屋さんの種類や店舗によって出来るか否かが変わってきます。お店の方にご確認下さい。

2005年11月15日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品