巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ゴリラの鼻くそ」って食べたことある?

(上)これが「ゴリラの鼻くそ」だ!(下)かわいらしいパッケージも食欲をそそる?!

「ゴリラの鼻くそ」を食べたことはあるだろうか? その絶妙な歯ごたえと、意外なほどの美味しさがウケて、全国的に人気を博している。豆粒大の大きさで食べやすいし、表面に入ったシワが見た目にもおいしそう。実際に各地の動物園のおみやげ人気ランキングでも、常に上位に位置しているのだ。

とはいってもこれ、もちろん動物園にいるホンモノの「ゴリラ」の鼻くその話ではない。実は、「ゴリラの鼻くそ」(岡伊三郎商店)というのはれっきとした商品名。その中身はオーソドックスな黒豆薄甘納豆。良質の黒大豆を使用していて、味はかなり美味しい。平成13年4月から発売しており、すでに200万個以上を販売しているというからその人気のほどがわかるだろう。上野動物園など全国各地の動物園のほかサービスエリアなどでも販売しており、通販も可能。110グラムで500円と価格もお手頃なのが嬉しい。80グラム、40グラムのミニ、プチバージョンもある。

それにしてもなぜ「ゴリラの鼻くそ」? 生みの親である岡伊三郎商店の岡さんにネーミングの理由を聞いてみた。「鼻くそを出すという設定に現実感があるかどうか。絶対に出すものでは駄目で、絶対に出さないものでも駄目ということで判断しました。またゴリラという3文字が語感として良いというのもありました」なるほどー、深い。思いつきそうで、普通の人がまず思いつかないこのネーミング。岡さんのすばらしい感性にうなってしまった。

そんな「ゴリラの鼻くそ」だが、なんと海外進出も果たしていたことが判明。その名も「Gorilla boogers(ゴリラ ブガー)」(※「ゴリラの鼻くそ」の意)。すでにロサンゼルスやシアトルなどに進出しており、今後もアメリカ各地へ拡大していく予定なんだとか。黒豆は健康にも良いので、ヘルシー志向の人にもウケそうだ。これをきっかけにアメリカでも甘納豆ブームが来たりして?!

ヘルシーで美味しい、さらにおもしろいと3拍子揃った「ゴリラの鼻くそ」。パッケージにも「笑いと黒豆は健康のもと」とある。ちょっとした話の種にも、もちろん甘納豆好きの方なら日々のおやつにも、ぜひ一度お試しを。その美味しさに、いつのまにか鼻くそファンになっている人も多いはず。
(古屋江美子)

他にもこんなコネタがあります

2006年2月24日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品