巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

赤ちゃんの味を試してみた!

(上)下から「5ヶ月用」「7ヶ月用」「9ヶ月用」(下)一番美味しかった「ビーフシチュー」

気がつけば、以前から「ふとペット気分を味わってみた」「チョークのおいしい食べ方」など様々なモノを食べてきた。なぜこんなモノを食べてしまったのか? 今思うと全く意味がわからないが、そこには新たな発見があった……、気がする。と強引なフリをしたところで、今回は赤ちゃんの食べ物を試してみました。というのも先日友人の赤ちゃんがものすごくおいしそうに離乳食を食べていたからです。子供みたいな事を言ってますが、今回もマジです。

早速、買ってきたのは「生後5ヶ月用」「7ヶ月用」「9ヶ月用」の3種類。かなり短いスパンで種類が分けられているのにまずはビックリ! この2ヶ月で何が変わるのだろうか? と疑問に思いつつ、まずは5ヶ月用に挑戦。

「5ヶ月用」メニューは、「白身魚のクリーム煮」「人参クリーム粥」「スイートポテト」の3つ。それぞれフリーズドライ製法のため、お湯を入れるだけですぐ食べられます。「白身魚のクリーム煮」は、魚がすりつぶされて入っているのかほんのり甘みがあるが、全体的にはやや塩味。”甘みがあり塩味”と少し矛盾した表現だが、とにかく味が薄いため判断するのも難しい。
「人参クリーム粥」は、正直何も味がしない。人参も米もどこにいってしまったのか? 対して「スイートポテト」は、ほのかな甘みが口の中に広がるが、やっぱりホクホクはしていない。「5ヶ月用」はどれもが味が薄すぎるため、大人の味覚ではその魅力を感じる事は出来なかった。非常に残念です。

続いて「7ヶ月用」の「ヒラメとほうれん草のサラダ」。名前はいい。5ヶ月用に比べると形もしっかりとしていて、2ヶ月の成長が感じられる。食べてみると、これはしっかりとした塩味。やっぱりヒラメの影は薄すぎるが、ほうれんそうの風味が残って少しだけおいしい。ただ「5ヶ月用」もそうだが、妙に粉ミルクっぽい味がするのは気のせいなのか? 微妙に後味が悪い。

最後は「9ヶ月用」。成長の早い子は歩きますね。おもいきった嘘に続いてメニューはこちら。「紅鮭チーズドリア」と「ビーフシチュー」。またまた名前は立派、果たして味はどうなのか? 「紅鮭チーズドリア」は、これまでにない食感が楽しめます。お米も柔らかいがしっかりと形もあります。鮭の味も残り、今までのどれよりも美味しい。というか味がする。そして「ビーフシチュー」は、ほとんど普通のビーフシチュー。これは美味い。どうしても具材は歯ぐきでつぶせるぐらいの柔らかさだが、味があるのでその柔らかさもクリア出来ます。

ということで「5ヶ月用」「7ヶ月用」「9ヶ月用」とバーチャルタイムトリップを楽しんだ今回。正直なところ「9ヶ月用」以外は、味が薄すぎてどれも大人向けではありません。というよりどれも大人用ではありませんが、ビールの苦味が徐々に美味く感じるように味覚も発達していくのでしょうか。しばしの赤ちゃん気分を感じながら現実逃避する今日この頃です。
(木南広明)

2006年2月27日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品