巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

悪い男をデータベース化する米サイトに悲鳴

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで話題になっているサイトがある。17万人の女性が登録をし、1日に平均20万ものヒット件数があるという『Don't Date Him Girl Homepage』だ。

どんなサイトかというと、男性にもて遊ばれた女性が投稿をして、その男性の実名、写真だけでなく、年齢、肌の色、身長、体重、都市名、国名のほか、だましの手口や特徴、過去の遍歴などを投稿して、ウェブ上に公開しデータベース化することによって、他の女性の被害を最小限にとどめることが目的としているサイトで、名前の検索機能もついている。投稿は女性のみ。一般的にハンドルネーム、匿名が可能だ。

このサイトは2005年の夏に、Tasha Cavelle Joseph(ターシャ・ジョセフ)によって立ち上げられたもの。このウェブサイトでの彼女の肩書きは、マイアミ在住の広報コンサルタントとなっている。一見したところ、個人で立ち上げたみたいだが詳細は不明。

実際にログインをして、リストを見たところ、女性たちの男性に対する不信感や恨みのこもったエピソードが書かれてる書かれてる……。こ、こわぁ〜。詳細は書けないが、大体「こいつは×××でとにかくサイテー! 絶対付き合わないほうがいいよ! 気をつけて!」のような内容だ。

また、『ClassAction-DontDateHimGirl.com』という男性たちの駆け込み寺的なサイトも立ち上がっており、こちらには、「子供が父親に関しての中傷を読んだら…」「これが原因で解雇されたら…」「被害者に法的な告発をする余裕がなかったら…」などの批判や訴え、及び被害者の声が掲載されている。

日本でこのようなサイトが立ち上がるとは思えないけど、もしケンカ別れをしたことのある元彼女がいる男性や浮気性の男性はネットにアップされないように気をつけたほうがいいかも。また、現在の彼女が過去の悪さについて追求してきたときは、素早く素直に謝るのが一番だと思いますよ!
(エキサイトニュース編集部 たんなお)

2006年3月18日 00時00分

注目の商品