巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

最近、牛乳って飲んでます?

このエントリーをはてなブックマークに追加

(上)「ガンジープリン」。牧場スイーツは、素材にこだわるあまり地味で目立たないパッケージが多いらしい。でも、味はピカ一なのでパッケージにまどわされず選ぼう (下)これが「牧場ミルク飲み比べセット」。おいしい牛乳とパウンドケーキが口の中でまじりあうハーモニーがたまりません

先日、ハイジネタで取材した「牧場スイーツ博覧会」スタッフの方から聞いた話で印象的だったのが、「今、日本では牛乳の消費量が激減しており、家庭から牛乳が消えつつある。だから、牧場は生き残りをかけておいしいスイーツの開発に必死になっている」という話。
なるほど、言われてみれば最後に牛乳を飲んだのっていつ? と、考えてみたところまったく思い出せない! 我が家でもある時期まで、牛乳は卵同様、切らさないよう定期的に買っていた記憶があるのだが、そういえばいつのまにか冷蔵庫から消えていたかもっ?
今となっては、アイスコーヒーや紅茶などに申し訳程度にほんのちょっぴり、入れるくらいである。
子供のころは毎日飲んでいた記憶のある牛乳だが、確かに今は少子化の影響で給食等での需要も減ってそうですよね〜。

そんなわけで!?「牧場スイーツ博覧会」には、全国31の牧場がこだわりの素材を使い、智恵をしぼったおいしいチーズケーキやプリン、アイスクリームなどのスイーツが大集合。また、乳牛というとホルスタイン、ジャージーあたりが一般的だが、このイベントでは珍しいガンジー種の乳を100%使った「ガンジープリン」なども!
しかし、私が個人的に気になってしまったのは、やはり味の決め手となる牛乳そのもの。「牧場ミルク飲み比べセット」(パウンドケーキ付)というメニューがあり、「ふらの牛乳」「山川牧場牛乳」「町村牛乳」(すべて北海道産)の3種類がミニサイズの瓶に入れられ「利き酒」ならぬ「利きミルク」状態で楽しめるのです!

さっそく試してみたところ、ひと口に牛乳といっても3種類すべて味がまったく違うのが驚きでしたーー。「ふらの牛乳」は、あまくない濃厚な生クリームを飲んでいるみたい。「町村牛乳」はさっぱりしているのにコクがあり、毎朝飲みたい感じ。「山川牛乳」はほのかな甘みがあって懐かしい味。牛乳ってこんなにおいしかったっけ? と目からウロコの逸品ぞろいでした。いやー、それに「瓶入り牛乳」っていうのも懐かしい感じですよね。
これらの牛乳は牧場直送ということで「低温殺菌」「成分無調整」なので、牛乳独特の風味があり、しばらく置いておくと上に濃いクリームが浮いていたりしていかにも「生きた牛の乳」という感じ。こういう牛乳がフツーに出回るようになれば、牛乳もかつての地位を復権できるかも? と思ったのだが、安く大量に流通させるためにはやはり風味は落ちてしまうものの超高温加熱殺菌処理が現実的ということで、なかなか難しいようです。でも消費者的には、安い牛乳をゴクゴク飲みたい日もあれば、元気のない日などにこういう高級低温殺菌牛乳を飲みたい日もきっとありますよねー。希望としては、どちらも気軽に選べる状態になってほしいかも……。

なにげなく出かけた「牧場スイーツ博覧会」ですが、意外にも牛乳業界の未来を考えるきっかけとなってしまいました。あなたは最近、牛乳って飲んでます?
(野崎 泉)

2006年7月26日 00時00分

注目の商品