巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

チープでゴージャス! 新潟名物「イタリアン」を作る

このエントリーをはてなブックマークに追加

焼きそば+ソースのイタリアン。チープなようで、ぜいたくでもあります。

新潟には「イタリアン」なる名物があると聞く。
おもにカフェテリア形式の店で食べられるファーストフードで、新潟には広く定着しているというが、コレ、名前から想像される「スパゲティ」ではない。
なんとソース焼きそばにミートソースなど、主に洋風ソースをかけたものだという。ちなみに、ホワイトソースをかけても、中華であるマーボー豆腐をかけても、やっぱり「イタリアン」らしい。

ほとんど無法地帯のような食べ物だが、以前、テレビで取り上げられていたとき、地元の人たちは「え? 新潟にしかないんですか? ウソー!」などと、ひどくビックリしていた。
ソースONソースなわけだから、イメージとしては、高校生などの食欲ガッツな世代が好みそうだが、おばちゃんも、おばあちゃんまでも、ごくフツウに食べている姿は衝撃だった。

で、肝心の味はどんななのか。実際にまねて作って食べてみた。
一般的には、モヤシを炒めて、ソース焼きそばを作り、そこにソースをかけるだけのよう。市販のソース焼きそばを作り、そこに同じく市販の缶のミートソース、ホワイトソースをそれぞれあたため、ぶっかけるというシンプルな方法で食べてみた。

見た感じ、茶色いソース麺の上に真っ赤なソース、白いソースという組み合わせは、なにか間違えちゃったようでもある。
だが、実際に食べてみると、これが意外と、イケるのだ。
ミートソースのほうは、何の違和感もなく、ソースとミートソースがまじりあう。心配していたホワイトソースも、しょっぱさとまろやかさが溶けあって、面白い組み合わせだった。
思えば、ソースって、カレーなどにかけてもうまいし、ケチャップと混ぜたソースもうまい、さらにマヨネーズを加えてもイケる、誰にでも合わせられる「協調性の持ち主」なのではないか。
もともと様々な野菜から作られているだけに、濃い味のわりに、意外にクセがなく、誰とでもしっくりくる。「アイツ、暑苦しいヤツだけど、けっこういいヤツなんだよなあ」とか言われる、そんなタイプか。

ところで、組み合わせとしては立派にうまいが、やっぱりとにかく濃厚なのは確か。
だって、通常だったら、焼きそばで1食、ミートソースやホワイトソースのスパゲティで1食食べられるところ、いっきにソースだけ2倍がけなわけだ。モノはチープだが、行為自体はとてつもなくゴージャスなんである。

濃厚なだけに腹持ちは抜群。高校時代など、学校帰りに食べたら最高だろうなあという印象の「イタリアン」。
いってみれば豪華な駄菓子麺のようなものを、大人もフツウに食べる新潟の文化、好感度かなり高いです。
(田幸和歌子)

2006年9月13日 00時00分

注目の商品