巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ランチにフルーツ!? フルーツちらし寿司

(写真上から)「yukko(ゆっこ)」というのは店主の奥さんのニックネームだそうです。
毎日、店主のアツイ思いが通行人を直撃する巨大黒板。
フルーツちらし寿司におすまし、アボカドの刺身、フルーツサラダ、フルーツパフェがついたおトクなセット

うちの近所に「くだもんや yukko」というなんだかちょっと変わったお店ができていた。「くだもんや」というからには、果物屋さんなんだろう。しかし、店構えはおしゃれなカフェのよう。しかも、店前の壁が大きな黒板になっていて、毎日そこにデカデカと店主自らが書いたと思われる、ある日は梨について、ある日はみかんについての様々なウンチクがかなりの長文で綴られているのだった。さらに、店の前に出ているメニューを見てみたところ「フルーツちらし寿司」という衝撃のメニューを発見。
これは入ってみるしかないでしょう、ということでランチを食べにいってきました!

フルーツちらし寿司、というネーミングだけ聞くとやや無気味なような気もしていたのだが、出てきたのを見ると「わ〜っキレイ」と思わず目が釘づけに。ごはんにキウイやオレンジ、パインなどのフルーツが混ぜてあり、上にはゆでたエビも! 恐る恐る食べてみたところ、フツーにちらし寿司としておいしく食べられました。海外へいくとたまに出てくるライスサラダっていうんでしょうか? お米を野菜っぽく使ってあるヤツ。ちょうどああいった感じで、酢飯のかすかなすっぱさがごはんにフルーツという違和感をみごとになくしてるんですね〜。しかも、セットメニューとしてこれにフルーツのサラダ、おすまし、アボカドの刺身、デザートのフルーツパフェまでついて1050円! このセットを食べるだけでいったい何種類のフルーツを食べたことになるのか? というくらい盛りだくさん。明日はお肌がツルツルになってそうだ……と思いつつ、たっぷりビタミン補給させていただきました。

店主の米塚さんにお話を伺ってみたところ、みかんの産地である愛媛や和歌山にある「みかんを使ったちらし寿司」というのにヒントを得てこの「フルーツちらし寿司」を考案したのだそうです!
フルーツカフェ、というお店の業態もちょっと変わっていますよねー? と話をフってみたところ、なんとこの方、以前は中央卸売市場で果物のセリ人をやっていたのだとか。大手スーパー主導で、生産者の苦労が正統にむくわれない現在の流通システムに疑問を感じたのと、「忙しい、皮をむくのが面倒くさい」等の理由で若者の果物離れが進む現状をなんとかしようと今年6月にこのお店をオープン。お店で販売している果物はふつうに買って帰るだけでなく、なんと値段はそのままで1コからその場でむいて切って出してくれるんですって! 今は季節柄、みかんや柿が並んでいたが、夏場の「桃」などはすごく人気があったそうですよ。 う〜ん、私も果物は好きだが、ついついむくのがめんどくさい……と思ってしまうものぐさ人間なのでこれはいいかもしれませんね。

ちなみにカフェメニューにはこの「ちらし寿司」のほかにも、「ウインナーとアボカドの海苔巻きサンド」や「リンゴの赤ワインコンポートオープンサンド」など気になるものがいっぱい。もちろん、「くだもんや」ならではのフレッシュジュースやフルーツパフェなども充実。ちなみに、いちばん人気があるのは「フルーツキーマカレー」だそう。今後はアンポ柿(干し柿みたいなもの)と日本茶を組み合わせたセットや、ラ・フランスを焼いてブランデーで香りづけしたものなど冬向けのメニューも考案中なので楽しみですね〜。とりあえず次回は絶対「フルーツカレー」に挑戦してみようと決意しつつ、「くだもんや yukko」をあとにした私でした。
(野崎 泉)

「くだもんや yukko」店主ブログ
大阪市西区新町1丁目20−6 TEL.06−6532−0037
※「フルーツちらし寿司」は、金曜日限定のメニューになります

2006年10月31日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品