巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

新デザート、お味もネーミングもとっても「プリチー」

(上)まずネーミングにやられました。見た目もとってもプリチー。
(中)プリンとチーズの2層構造!
(下)3つの味のハーモニーが……たまりません!

コンビニなどでお菓子を選ぶとき、みなさんは何を基準に選びますか? 食べたことのない商品なら、見た目やパッケージで選ぶことが多いはず。私の場合、ネーミングもとっても大事。かわいらしい名前だったり衝撃的な名前だったりすると、思わず手にとってしまう。「これは何かあるに違いない!」と思ってしまう。名付けて「ジャケ買い」ならぬ「名前買い」だ。

先日届いたメルマガに、とってもかわいらしい名前を発見、思わずクリックしてしまった商品がある。その名も「プリチー」。なんだかとっても気になって詳細を見ると、なんでも“プリン”と“レアチーズ”で「プリチー」であることが判明。この組み合わせ、かなりおいしそう! それになんといってもネーミングがステキ! いろんな想像を膨らませながらさっそく発注してみた。

届いた「プリチー」は、小さな牛乳瓶型のビンに入っていて、見た目もとってもプリチー。横から見ると2層になっているのがわかる。ココがプリンとレアチーズの境目なわけね。期待を膨らませつつスプーンを入れる。上は白いレアチーズケーキ、下からは少し黄味が買ったプリン&カラメルが登場! 3つをいっしょにお口にイン!!
……それは思わずうなってしまうほどプリチーなハーモニー。ふわふわスフレ状のレアチーズケーキ、とろとろのプリン、そしてほろにがカラメル……やられました。降参です。味も超プリチーです!!

プリチーの開発者、フランス菓子「メテオール」の山崎さんによると、もともと当店に商品としてあったプリンとレアチーズを一緒にしただけでは納得がいかず、配合から見直し、さらに一緒に食べたときのバランスや食感を追求し、何十回も試作を繰り返したというこだわりよう。
ネーミングについては、「フランス語バリバリの商品名よりも、親しみやすい名前の方が良いかなぁと思って……」とのこと。確かに、親しみやすく耳に残る「プリチー」。一度聞いたら忘れられない名前だ。

このお店の商品には他にも「流星ポテト」という名前の人気スイートポテトがあるが、こちらは『おいしいお菓子が食べたいという願いを、当店が叶えられるよう努力し続けます』という思いが込められているとか。パティシエさんもとってもロマンチックでプリチーなお方なのね。

やっぱり「名前買い」に外れはないな、そう実感した「プリチー」との出会い。
ほら、みなさんも「プリチー」が耳から離れなくなってるはずですよ!
(さくら)

2006年11月14日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品