巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

今年の節分はロールケーキを丸かぶり!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボリュームたっぷりの「丸かぶりロールケーキ」(320円)

もうすぐ節分。節分の定番といえば、恵方巻(丸かぶり寿司)。節分の日にその年の恵方を向いて食べる太巻きのこと。

もともとは関西を中心に広く知られていた慣習だが、ここ数年でスーパーやコンビニでも手軽に買えるようになり、いまや全国的に節分の定番アイテムのひとつになっている。でも今年はちょっと雰囲気を変えて、デザートの丸かぶりはいかが?

それが、セブン-イレブンで販売している「丸かぶりロールケーキ」。ふっくら焼き上げたスポンジのなかにコクのあるクリームがたっぷり詰まったロールケーキだ。具は甘みたっぷりのフルーツで、イチゴ・バナナ・キウイの3種類。

しかもこの商品、単なるロールケーキではなく、ちゃんと恵方巻を意識して作られているのがポイント。まわりを包むココアスポンジは「のり」のイメージ。そして中に入ったスフレタイプのスポンジは「白飯」、フルーツは「具材」をイメージしているのだ。さらに大きさも恵方巻と同じく、長さ約15cm、幅約4.9cmとボリューム満点。

セブン-イレブンでは恵方巻は以前から販売していたが、丸かぶりロールケーキはの販売は今年が初めて。ちなみに昨年セブン-イレブンの恵方巻を食べた人は全国でなんと367万人もいるのだとか。

セブン-イレブンの広報担当に同商品の開発理由をきいてみると、
「恵方巻に話題性があり、実際にニーズがあるというマーケットの状況もありますが、それに加えて、当社がオリジナルデザートに力をいれているということもあります」
とのこと。確かにセブン-イレブンのデザートの充実ぶりにはいつも目を見張る。
「小さなお子様が丸かぶり用としてもオススメですよ」
もちろんスイーツ好きの人もどうぞ。丸かぶり寿司を食べたあとに、デザートにこれを食べれば、幸せも2倍になりそうな気がする?!

販売は全国のセブン-イレブンにて。すでに1月18日から販売を開始しているが、1月30日まで予約も受け付け中。今年はちょっとユニークな丸かぶりで福を呼び込んでみては?
(古屋江美子)

2007年1月29日 00時00分

注目の商品