巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

出かける時にカギがない! そんなピンチを救ってくれるのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたがなくしやすい物、なんですか?

「カギがない!」「携帯電話がない!」――と出かける間際になって、いつも大騒ぎする私。あまりにいつものことで、旦那にも呆れられている。もちろん、ちゃんと決めた場所に片付けておけばよいことはわかっているのだけど、疲れていたり、酔っ払って帰ってきたりすると、つい適当なところに置いてしまうのだ。そして翌日になって慌てることになる。

そんな私のような人にとって、“救世主”とでも呼ぶべき商品を見つけた。探し物探知機、その名も「どこいっ太郎」だ。カギや携帯などなくしやすい物にストラップのついた子機を付けておき、親機のボタンを押すと、対応した子機が「ピピッ……」となって在り処を教えてくれるというもの。受信範囲は7mもあるので、家の中にあればまず見つかる。

もちろん親機をなくしたら元も子もないが、その点はご安心を。親機の裏にはマグネットが付いているので、冷蔵庫など目立つところに張っておけばよいのだ。さらに親機の裏にはラベルが貼ってあり、子機の何番が何に対応するかリストを書いておくことができる。また親機の上面にはLEDライトを装備しており、暗い中での探し物にも便利。通知音が大きいので、カバンや衣類のなかにある物も簡単に見つかるのが嬉しい。

製造元のクマザキエイム株式会社によれば、私のようになくし物をしがちな人はもちろん、
「お年寄りの方や目の不自由な方からもご利用いただいています」
とのこと。そういえば私も家の中でよく眼鏡をなくすのだが、眼鏡をかけていないだけに見つけるのに一苦労する。ここはひとつ眼鏡にも子機を付けておきたい。ちなみに、
「実は当社の社長(50代)もよく車のカギなどをなくしていて、困っていたんですよ」
というから、もしかしてこの商品を一番欲しかったのは社長さんなのかも?!

商品は同社のウェブサイトなどで販売中。子機は全部で5つあるので、カギや携帯など主要な物はたいていこれで事足りるはず。私のようにでかける前にドタバタしている方、この商品で出かける前にゆとりができること間違いなしですよ。
(古屋江美子)

どこいっ太郎紹介ページ*クマザキエイム(株)HP内

2007年4月10日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品