巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

出ましたよ! えんむすびのお守り・名所を紹介した本

(写真上から)「縁結び玉」、「安眠健康」、そして、「幸せの糸巻」。それぞれ本書で紹介されているえんむすびのお守りたち。「幸せの糸巻」は名古屋市にある若宮八幡社内にある針供養で有名な神御衣神社のお守り。くるくる回せば縁も幸せも手繰り寄せられるかも!?

6月ももう残りわずか。今年は梅雨入りしても雨は例年より少なく、あっという間に夏がきそうだ。
夏といえば、気分も開放的になってなんとなく恋の季節という感じ。
個人的には恋というものから縁遠くなってかな〜りの年月を経てしまった!? が、それでもまだ諦めていない私です。

そんな私をはじめ、これから恋をしたいという人、恋に傷ついてしまった人、現在恋愛中という人にまでお勧めの本が今月22日に出版された。タイトルはズバリ『恋に効く! えんむすびお守りと名所』(著者:縁結び寺社研究会 山と溪谷社1575円)。
全国に数あるえんむすびにご利益がある神社や寺院の中から52寺社をピックアップ、その寺社でのえんむすびのいわれやお守り、行事について解説されている。紹介されているお守りもどれもこれも他にはないユニークなもので、みんなほしくなってしまいそうなものばかり。

例えば埼玉県川越市にある川越氷川神社の「縁結び玉」というお守り。川越氷川境内の小石には良縁のご利益があるといわれ、その小石は巫女さんが境内の石を一つずつ奉製し、神職がお祓いをしたという一日20体限定の縁起もの。そして解説もまた楽しい。
「川越氷川神社の御祭神スサノオノミコトは嵐の神様。嵐を起こす風のように恋は速攻。誰よりも早く動かなければ恋も縁結び玉も手に入りません」
こんな具合にお守りのユニークさを追っただけのものでなく、神社への興味も引き出してくれる内容になっている。

「浮気症の恋人にお悩みのあなたは」、「恋する元気がほしいあなたは」など悩みや望みが目次仕立てになっているので、今の自分にぴったりのえんむすび神社、お守り、行事などがわかるようになっている。恋とは程遠い生活をしている私にもドンピシャなものがありました。「ぐっすり眠って恋する準備を整えたい」……まさにこれ、これが私には必要なえんむすびです。

「神社仏閣めぐりのご利益本やお守りの本というのは、今までにも出版されてきたと思うんですが、えんむすびだけに特化した本はなかったと思います」と山と溪谷社の小林さん。

ところで、ヤマケイ(山と溪谷社)の小林さんといえば、昨年コネタでご紹介した『おとなのおりがみ』の担当者でもある。この『恋に効く! えんむすびお守りと名所』もA5変型判の大きさといい、きれいなお守りの写真、カラフルなイラスト、コンパクトにまとまった文章は『おとなのおりがみ』に通じるものがある。写真を見ているだけでも本当に楽しい。

気になる著者は「縁結び寺社研究会」を主催されている堀内克彦さん。まだ29歳というのにすでに全国訪れた寺社は1000を超えるという。
「寺社を巡るようになったのは大学で古都愛好会というサークルに入ってからです。寺社に興味があったというよりは、もともと旅行が好きだったんで、サークルに入れば旅行に行けるかな、と。今までは宿坊巡りをテーマに活動していたんですが、それ以外のテーマにもどんどん挑戦していきたいと思いまして。なんて言うか、寺社は昔からずっと時間がつながっている感じがして好きですね。境内などでふと昔の人が歩いている姿も想像できますし、昔の人も現代の人も同じように悩みを持ってこの場所を訪れていたとか、想像できるのがいいです。今も昔も変わらないんだなって」と堀内さん。

ところで堀内さんご自身のえんむすびのご利益は?
「去年はよかったんですけど……今はちょっとダメですかね。でも本も出したことなので、また新たなご利益をいただけるようにがんばります(笑)。恋愛に悩んだり、迷ったりしている人もこの本を読んで勇気を持てたり、元気になってもらえたらいいなって思います」

恋の季節、夏に向けてここは一つ、みなさま、がんばりましょう。
(こや)

山と溪谷社HP
縁結び寺社研究会HP
宿坊研究会HP
エキサイト商品検索『恋に効く! えんむすびお守りと名所』

2007年6月28日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品