巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

暑い季節だからこそ試したい、“雪のような日本酒”

見た目にも楽しいのでパーティなどにも利用できそうです。完成したみぞれ酒の上にお好みの100%果汁をそっと加えれば、見た目も華やかなフルーツカクテルを作ることも。

蒸し蒸し暑い、嫌な季節がやってきた。

そんな蒸し暑さを救ってくれるのは、冷たいビールや冷酒。夏は嫌いでも暑い中で飲む冷たいお酒は好き、という呑兵衛な人は多いはずだ。

そこでビールよりもなお冷たく、できあがり時はマイナス8℃という、キュンと冷えたお酒はいかがだろうか。

その名も涼しげな「みぞれ酒」。
グラスに注ぐまでは普通の液体。しかしグラスに触れた瞬間、雪のように繊細なみぞれ状になるという、暑い夏にうってつけの日本酒である。

いささかパフォーマンス的なお酒なのだが、実はこれ、自宅で簡単に作れてしまうらしい。
みぞれ酒推奨のお酒を販売しているのは、京都の老舗酒造でもある玉乃光酒造株式会社。こちらの紙パック日本酒「純米吟醸 玉乃光 冷蔵酒」で早速、みぞれ酒を作ってみることにした。

作り方といえば、そのパックをそのまま冷凍庫に突っ込んでおくだけ。ついでに使用するグラスも一緒に冷やしておけば準備万端だ。

まずはお酒を冷凍庫に入れたまま10時間ほどは我慢。パックに触って、みぞれよりも少し柔らかい状態になっていれば完成だ。

封を切り冷たいグラスに注ぐと、注いだところからシャーベット状のみぞれになっていく。
食感はほどよいユルユル感。口の中でサーッと溶けていく感じも涼しく、まさに夏のお酒といった味わいだ。

しかし何故こんな風に凍ってしまうのだろうか。
伺ってみたところ、このお酒はマイナス15℃前後で凍り始めるそう。そこで凍る直前、マイナス13、14℃程度に冷やした日本酒を冷たいグラスに注げば、冷たいもの同士が触れあい、みぞれ状へと変化するのだとか。

ちなみに瓶や缶の日本酒でも作成することは可能だが、これらは冷凍すると割れる可能性があり大変危険。
さらにどんな日本酒でも良いというわけではない。添加物が入っているお酒だと、凍らせることにより味が変わってしまうこともあるそうだ。
しかし、この商品は、添加アルコールなどを一切使っていないため、そのような心配は一切無し。
「冷凍できるパッケージの上、凍らせても味が変わらない。みぞれ酒を作るには、最適なお酒です」
と、自信の一品なのである。

なお、冷やすことでくいっと飲めてしまうみぞれ酒だが、お酒自体が薄まっているわけではないので度数は元のまま。ビールのようにどんどんグイっといってしまうと翌朝が恐いので、適量をお忘れなく。
(のなかなおみ)

2007年7月3日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品