巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「のんじゃらはぴはぴ」? “のむハイチュウ”

「ハイチュウドリンク」は、全国のスーパー、コンビニなどで発売中。まさにハイチュウの味、そのままです。

あの「くっちゃらはぴはぴ」のチューイングキャンディ、森永「ハイチュウ」が、飲めるようになっていた!

牛乳やアイスティーなどの紙パック飲料の棚に、お菓子売り場でおなじみの、あの「ハイチュウ」というロゴが。パッケージのデザインを含めて、そのまんま「ハイチュウ」のグリーンアップル味が乳酸菌飲料になっちゃったのである。

のむハイチュウ、一体どんなハイチュウっぷりなのか。ハイチュウといえば、あの独特の、“柔らか固い”、なんともいえない噛み心地の印象が強いが、そこをいかして、ちょっとドロッとした飲み物になっていたりはしないのだろうか。
早速飲んでみた。

とりあえずグラスに注いでみると、「ドロッ」ではなく、「サラッ」。ほんのちょっと緑がかった乳白色で、乳酸菌飲料ぽい見た目である。
さて、グビッと。……ハイチュウ! ほんとにハイチュウだ、ハイチュウ。噛んでないのに、ちゃんとハイチュウを食べたときと同じ「くっちゃらはぴはぴ」を感じる事ができる。不思議。堂本剛もきっと、これを一口飲んだら、「めっちゃジューシーや〜ん」と、あのダンスと歌を披露してくれるはずだ。

この、のむハイチュウ「ハイチュウドリンク」のかもしだす“ハイチュウ感”、一体どこに秘密があるのか。

表示されている原材料名を見てみた。
チューイングキャンディのほうの「ハイチュウ グリーンアップル味」の原材料名は、これ。
<水あめ、砂糖、植物油脂、ゼラチン、濃縮アップル果汁、アップルジャム、酸味料、乳化剤、香料、ベニバナ黄色素、クチナシ青色素>
つづいて、「ハイチュウドリンク」のほうが、こちら。
<砂糖・果糖ぶどう糖液糖、りんご果汁、乳製品、デキストリン、酸味料、安定剤(大豆多糖類)、香料、着色料(紅花黄、クチナシ)、甘味料(アセスルファムカリウム、スクラロース)>
……並べてみたけどいまいちよく分からなかった。

ドリンクの販売元である、森永乳業株式会社にたずねてみたところ、
「味わいはそのまま同じですが、やはり『飲み物』ということで、後味をスッキリさせるというところにこだわりました。飲みやすさという点に注目して味を調整しています」
とのこと。
とくにその味の調整の面では、
「飲み飽きないよう、甘ったるくなりすぎないようにしています」
とのこと。500ミリの紙パックももちろんいいけど、個人的には、小さめボトルで10本パックとかでも売ってくれたら、もっとうれしい気もする。

現在は、“元祖・ハイチュウ”の味である、「グリーンアップル」が発売中だが、他のフレーバーも今後登場予定とのこと。
期間限定販売の予定だそうなので、見かけたら飲んでみて、ぜひ「のんじゃらはぴはぴ(?)」な気分を味わってみてください。
(太田サトル)

「森永ハイチュウ」HP
森永乳業(株)HP
関連キーワード

2007年7月25日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品