巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「プロポーズの言葉コンテスト」って何だ?

華やかな当日の様子。プロポーズの言葉を詳しく見たい方はウェブサイトもご覧ください

人生最大のイベントと言っても過言ではないプロポーズ。「恋人」から一生を共にする「伴侶」へ変わるか変わらないか、といったドキドキの瞬間。あれがまた緊張するんですよねぇ。って筆者は既婚とはいえ、プロポーズしてませんでした。残念。

そんなプロポーズの言葉を審査する『恋人の聖地 全国プロポーズの言葉コンテスト』というイベントが、去る5月29日に開催されたそう。このイベントは、NPO法人地域活性化支援センターが開催したイベントで、少子化対策と地域の活性化をテーマとする「恋人の聖地プロジェクト」の一環として行われたもの。審査員には、ファッションデザイナーの桂由美さんや衆議院議員の片山さつきさん、女優の菊川怜さんなど豪華なメンバーを迎え、全国からは458もの作品が応募されたとのこと。

このコンテストは、未婚の人を対象にした『これからプロポーズの部』と、既婚の方を対象にした『今だから伝えたいプロポーズの部』の2部門で開催。では一体どんなプロポーズの言葉が選ばれたのか? ちょっとコンテストからは時間が経ってしまいましたが、最優秀賞をご紹介します。

最優秀作品は『今だから伝えたいプロポーズの部』から。エピソードも審査の対象だそうです。

「今ならもれなく一生幸せ保証付きでお買い得です!」
遠まわしのプロポーズを1カ月ほど前にされていたけれど、返事を先延ばしにしていたら、この言葉を言われ……。「今なら」とか「もれなく」に弱い私は、「買います!」と言ってしまいました(~_~;) 現在結婚12年目を迎えました。

これは「うまい!」感じのプロポーズですね。筆者自身もこんな気の利いたことを言ってあげればとちょっと反省。他にも優秀賞には素敵な言葉がたくさん。ごく一部をご紹介します。

『今だから伝えたいプロポーズの部』

「プロポーズが欲しい」、「ひしゃく星でも すくえぬほどの愛を 君にあげたい」、「一緒にアルバムを作っていこう♪」、「あなたの葬式は私がちゃんとしてあげるから それまで私の面倒を見てくれる?」、「卵かけご飯が好きなんだ。きみだけ欲しい!」、「知らないうちに魔法をかけられたみたい。自分を愛すること、そしてあなたを愛すること。まだ魔法は解けてない……?」。

『これからプロポーズの部』

「幸いにもボクは味覚音痴なんだよ!」、「たくさん辛い想いをした分だけ、小さな幸せも大きな笑顔にかわるから、一緒にたくさんの大きな笑顔を作っていこう。タンポポのような家族がいいね」、「キミは僕の手をはなすな。僕はキミの愛をはなさない」、「あなたについていけるのは私しかいないし、私についてこれるのもあなたしかいないから、これからもずっと私の傍にいてよね」。

どれもが心温まる言葉ばかり。「俺の味噌汁を作ってくれ」、「一緒の墓に入ろう」ぐらいのキャパシティーしかない僕にとってはとても勉強になります。

これから結婚する方も、すでに結婚されている方も「プロポーズの言葉」を大事にしてますか? また来年、イベントが開催される予定なので、あなたの珠玉の一言を応募してみてはいかがでしょうか?
(木南広明)

「プロポーズの言葉コンテスト 結果発表」ページ*恋人の聖地プロジェクトサイト内

2007年8月8日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品