巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「代行サービス」は至れり尽くせり!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗濯物。私の場合は洗って、干して、畳むところまでは苦にならないが……

11月も半ば過ぎ、今年も残すところ1カ月あまりとなった。
この時期になると、雑誌などの特集では、その年の総まとめや翌年の流行予測の記事などを見かけるようになる。
そんな流行予測の中でちょっと気になったものがあった。
それは「洗濯たたみ代行サービス」なるもの。「洗濯代行」なるサービスは今までにもあったような気がするけれど、今回、流行るとされているものは個人の洗濯物を集荷、洗濯、畳んで宅配してくれるというもので、記事の言葉を借りれば、「嫌いな家事をアウトソーシング」ということなのだそう。

このサービス、このところ雑誌やテレビなどで紹介されていて、かなりの数の業者さんがいる様子。
数社に問い合わせたところ、旅行中にたまった洗濯物を空港で渡すことができるものがあったり、入院中の洗濯物も洗ってくれたりするところもあり、サービスも多様なようである。
ただいずれの会社でも、病院への集荷、配達は病院によっては業者さんの出入りができなかったりするので、病院側への事前の確認が必要とのことだった。

もちろん「嫌いな家事をアウトソーシング」ということで、普通の洗濯物をクリーニングに出すようにお願いすることもできる。下着や見られたくないものは洗濯ネットに入れたまま集荷、洗濯、畳みなしで受けてくれたりするのだそうだ。

私の場合は洗濯に関する何が嫌かというと、それをきちんと元の場所に戻すことなのだけれど、さすがにそれをやってくれるサービスはない。

このほかの代行サービスについてもいろいろ調べてみると、色んな種類の代行サービスがあることがわかる。
家事代行、人事・労務管理の代行、中古車オークション代行、購入交渉代行、購入代行、営業代行、テレビ録画代行、同窓会の幹事代行……。中には呪いなんてものもある。
よく考えてみれば、代行という言葉がつくから何か特殊なように感じるけれども、代行業のリンク集などを見ると、中には行政書士や探偵業も代行業に位置づけて分類されている場合もあって、何でもありありの形相を呈している。

そして、ちょっと気になった同窓会の幹事代行の会社に、連絡先不明の同級生を探し出してくれるのかを聞いてみた。実は私、先日この同級生探しで苦労した経緯がある。卒業間もない場合はまだしも10年、20年も経ってしまうとなかなか行先はつかめない。

「当社ではそこまでは行っておりません。個人情報保護の問題などもありますから……。こちらでは電話などで同級生の方々の追跡などは行えないんです。サービスとしてましては、まず卒業名簿をお預かりして、案内のはがきの作成や郵送、会場選びなどをお手伝いさせていただく、ということになります」

想像はしていたけれど、さすがに不明者の連絡先を探し出すのはサービス内容には含まれていなかった。

それにしても世の中には色々なビジネスを考え出す人がいるものです。
(こや)

2007年11月17日 00時00分

注目の商品