巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「紅白検定」を受けてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の紅白は「ザ! 世界仰天ニュース」コンビの司会も見どころ

2007年の大晦日もすぐそこ。
大晦日の夜といえば、私は近年、テレビで紅白歌合戦を見て過ごすのが定番となっている。
年末気分を盛り上げてくれるというか、“ザ・大晦日”というベタな雰囲気を味わえるのが好きだからかもしれない。

さて、そんな紅白=大晦日に向けてテンションをあげていこう! というわけで、「紅白検定」を受けてみることに。

検定といっても、これはNHKのホームページで行われている企画のひとつ。過去から現在までの紅白にちなんだ問題が約1カ月にわたり、週に1度アップされていたもの。ちなみに各回、全問正解すると壁紙がダウンロードできる。

検定は週ごとに新しいものが出てきて、全5回あったので地道に受けていたのだが、いずれも12問中(五回目のみ全10問)、一回目は10問正解、二回目は8問正解、三回目は7問正解、そして最後は9問正解と苦戦。何度でも受けられるので、何度もチャレンジしてみたのだが、答え合わせがないこともあり、結局、全問正解はできず終いだった。

問題は2択か3択で、例えば、「紅白第1回(昭和26年)は大晦日の放送ではなかった。放送日は? 1. 1月3日 2. 8月15日」「紅白歌合戦に携わる出演者とスタッフの総数は? 1. 約1500人 2. 約4500人」「最後に歌う歌手を『トリ』と言うが、これはもともとどんな世界の言葉? 1. 落語 2. 歌舞伎」というものから、「東京オリンピック前年の昭和38年(第14回)、聖火ランナー姿で登場したのは? 1. 渥美清 2. ハナ肇」「平成15年(第54回)、横浜の路上から中継で歌ったのは? 1. ゆず 2. ORANGE RANGE」「紅白を最後に解散したグループは? 1.プリンセスプリンセス 2. チェッカーズ」「秋川雅史が大切なコンサートの2日前に必ず行くのは? 1.お墓参り 2.マッサージ 3.焼肉屋」などまでさまざま。 

実際に放送を見ていて、記憶があるものはすぐに答えがわかるけれど、舞台の裏側の話などはなかなか難しい。実は18日にこの答え合わせをする番組が放送され、現在はサイトにも答えがすべて解説付きで紹介されているので、とりあえず答えは全部わかったのだけど、なるほどね〜と思うものも多くあった。

例えば、前述した問題のひとつ、第一回目の放送日は1月3日だったそう。8月なわけないとは思ったけれど、紅白は大晦日が当たり前になっていたのでちょっと不思議な感じ。もしずっと3日に放送されていたとしたら、今ほど大きなイベントにはなっていなかったはず。

それから、東京オリンピックの前年に聖火ランナー姿で登場したのは、寅さん(渥美清)! オリンピックの年は自分はまだ生まれていないので全くわからなかったけれど、やっぱりオリンピック前後の年は紅白もかなり盛り上がった様子。問題にもあったが、紅白の長い歴史の中で一度だけ、エンディングで「蛍の光」の代わりに「東京五輪音頭」が歌われたことがあるのだとか。紅白はそれぞれの時代を反映している要素も大きいのだなあと改めて感じたりして。

最後の問題は「『あるもの』の色が変わることで勝敗がわかる今年の『紅白歌合戦』。いったい何の色が変わる?」で、これだけは放送をお楽しみに! というわけでまだ答えは出ていない。個人的には今年の出場歌手については正直どうかな〜と思うところもあるのだけれど、最後の答えも気になるし、やはり今年も紅白を見ながら、大晦日を迎えることになりそうだ。ちなみに「紅白検定」はまだ挑戦できるので、紅白をよく見ているという人はとくに、チャレンジしてみると面白いのでは。
(田辺 香)

第58回NHK紅白歌合戦「紅白検定」サイト
関連キーワード

2007年12月28日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品