巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

あなたのPCや携帯に“名前”はついていますか?

マイ・パソコンに話しかけたりすること、ありませんか?

ほとんど毎日と言ってもいいほどリリースされる電化製品。
それに押されるようにそれらの機器に依存する社会になっているのは日本のみならず、米国も同様だ。

そんな中、携帯電話やiPod、ラップトップなどを、さも人間であるかのように扱う人々が急上昇しているというのだ。

私自身は、ラップトップの調子が悪い時など「お願いだから、今日は一回で立ち上がってね」と撫でながら話しかけたりする。
職場では「どうも○○さんが好きなようですね。私だと固まっちゃって、かなり嫌われているみたいです」なんてことも話題にする。
iPodに至っては「豆ちゃん」なんて名前まで付けている。
同僚は、アップルのジ−ニアスバーに予約を入れながら、「ベイビー(ラップトップ)を検診に連れて行かなくちゃ」や、「スゥィートネス(iPod)を今日は家に置いてきちゃって、心配で仕事がはかどらない」などと言ったりしている。

最近発表されたシカゴ大学の研究では、「擬人化することによって、孤独感を軽減しようとしている」とあり、孤独感を感じる人ほど携帯電化製品に依存している人が多いという結果が出たという。
機器は自分でコントロールできることもあり、言うことを聞いてくれる。言わばペットのような存在であり感情移入もしやすいのだろう。
お気に入りの靴や鞄を大事にしている人は多いが、名前を付けたり話しかけたりする、という人は少ないのではないだろうか。

だからと言うものの、私も同僚も実際に人間的な付き合いを機器に求めていたり、つくり上げたりしているわけではなく、いつも一緒で一日中肌身離さず持っているものだから、愛着を持っているだけにすぎない。
しかし、それが「孤独感」から来るものと指摘されたら気になるところだが、まだ確実な証拠はないらしい。そして一般的に擬人化するということは有益なことの方が多いというので良しとしたい。

あなたのラップトップやiPod、携帯に名前はついていますか?
それらによく話しかけたり、怒ったりしますか?
(シカゴ/あらた)
関連キーワード

2008年3月20日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品